“反射”の話|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

Getty Images

“反射”の話|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

得原藍
得原藍
2018-11-22

「思うように身体を動かす」とはどういうことか

ヨガで様々な姿勢を経験するヨギのみなさんは、身体が傾くと自然に頭が直立に直ったり、頭が回転する運動に自然に身体もついてきて回転するなど、いわゆる身体の位置のバランスを取ろうとする人間の身体の機能を感じていると思います。人間には、脳の入っている頭部に様々な機能を集約させているので、その頭部を正常に機能させるために、傾きや回転に対して自然に頭をコントロールする仕組みが備わっています。その仕組みもいわゆる反射の一種で、反応と呼ばれる不随意運動です。知らず知らずのうちに使われているこのような仕組みが、わたしたちの運動機能の根底を支えています。そしてそのような機能を、意識的に制御するような動きをすることもあるでしょう。不随意に動き得る身体を随意的に操作する、そのことこそ「思うように身体を動かす」ということなのかもしれません。

自分の意志で身体を動かすこと、その影で、自分の意志とは別に動く機能(反射や反応)が身体に備わっていることを知ると、運動の複雑な階層性が見えてきて、運動を制御することへ視界が広がるのではないでしょうか。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する