寝る前3分セルフケア|脳と神経を休めるアイラップとは?

Getty Images

寝る前3分セルフケア|脳と神経を休めるアイラップとは?

眠りたいのに頭がさえてしまい、なかなか寝付けないことはありませんか? 外側に向いていた意識を内側に向け、一気にリラックス状態へ導く方法を、日本初の国際ヨガセラピスト協会所属ヨガインストラクターの岡部智子先生に教えていただきました。

脳と神経が鎮まりやすくなるエクササイズ

リラックス状態へ導くアイラップとは?

毎日のセルフケアやリストラティブヨガの効果を高めるには、「アイラップ」といわれる目隠しをしてから行うことがおすすめ。岡部先生曰く、「目や耳といった感覚器官からの刺激を遮ることで、それまで外の世界に向いていた意識が、自分の体や内面へと向かいやすくなります。スカーフにラベンダーなどお気に入りのアロマオイルを垂らしてもいいですよ」。メディカルヨガでは伸縮性のある包帯を使いますが、自宅にあるスカーフや大判のハンカチでのOK。自然と心が落ち着く、リラックスした状態になるスイッチを押してみましょう。

Edit&text by Megumi Nishijima
yoga JOURNAL日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する