人気ヨガ講師が実践|ダウンドッグで下半身を意識する方法2つ

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

人気ヨガ講師が実践|ダウンドッグで下半身を意識する方法2つ

基本ポーズでありながら、体が力んで辛く感じてしまい、苦手意識を持つ方が多いダウンドッグ。そこで、20人の人気ティーチャーに、ポーズがぐっと楽になる「ゆるめポイント」を教えてもらいました。今回ご紹介する下半身、意識するだけで変わります!

下半身を意識する方法2つ

重心を後ろに保つと、安定感が高まり全身をストレッチできます。下半身を立て直しポーズの効果を高めて。

1.腸腰筋を使う感覚を養い前屈を深め後ろ重心へ

手の負担を軽減するには、重心を後ろに移動させるのがポイント。立位前屈で腸腰筋を使って股関節を引き込み、尾骨が上がると後ろ重心に。手に体重がのりにくくなります。

1.まずは腸腰筋の位置を確認。仰向けになり、腰骨の斜め内側に指3本を差し込む。足を上げたとき指を突き上げるのが腸腰筋。

腸腰筋
photo by Kenji Yamada

2.膝を曲げお尻を後ろへ突き出し、両手を上げてチェアーポーズで準備。

椅子のポーズ
photo by Kenji Yamada

3.腸腰筋を使って股関節を引き込み、正しい前屈のやり方を確認。

前屈
photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...ヨガ講師・山下 恵先生

photos by Kenji Yamada Nobuhiro Miyosh(RELATION)
text by Ai Kitabayashi Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腸腰筋
ダウンドッグの練習法
ダウンドッグ
椅子のポーズ
前屈
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する