「親指がつかめない…」を解消する仰向け練習とは

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

「親指がつかめない…」を解消する仰向け練習とは

体が硬い人におすすめなのが、仰向けポーズでの練習法。硬く緊張しがちな部分の力を自然に抜くことで、力みのない、ポーズ本来の感覚を体で覚えることができます。「足の親指をつかんで伸ばすポーズ」の場合は...?教えてくれたのは、人気ヨガ講師の芥川舞子先生!

「足の親指をつかんで伸ばすポーズ」で足腰がつらいときは...

A:ベルトを使って負担のない角度に調整しよう

足を無理につかむと、足腰や背中が力む原因に。そこでベルトのサポートを使い、自分の柔軟性に合わせて脚の角度を調整。安定した体幹から股関節がしっかり開き、ポーズ本来のストレッチ効果が得られます。

力みをとるHOW TO

無理なく脚を伸ばせる角度に合わせてベルトの長さを調整。軸脚は真っすぐ&腰が浮かない範囲でキープするのも、開脚で無駄な力みを生まないポイント。

ポーズのHOW TO

両脚を揃えて伸ばし、片足にベルト(またはタオル)をかけて持つ。吸う息で足裏を前に押し出し、吐きながら横に開いて10呼吸キープ。反対側も行う。

足の親指をつかんで伸ばすポーズ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

力みが取れたら...

背中や腰、肩が浮かなければ足を直接つかんでOK。体幹や腰が傾かず、足先も外に開かないかをチェックして。

足の親指をつかんで伸ばすポーズ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生
若くしてヨガ歴13年の経験をもつ。メディアに多数出演し、大型ヨガイベントの講師も務める。大手スタジオのシニアティーチャーとしても活躍しながら、少人数セミプライベートクラスを主宰。ReebokONEアンバサダー。

photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazek(P-cott)
edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

足の親指をつかんで伸ばすポーズ
足の親指をつかんで伸ばすポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する