スムーズな後屈のカギは脱力と土台にあり|体が硬い人のための後屈ポーズ2つの深め方①

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

スムーズな後屈のカギは脱力と土台にあり|体が硬い人のための後屈ポーズ2つの深め方①

「後屈が苦手…」体が硬くて悩んでいる人は、背筋や軸になる股関節の使い方を知らないだけかも.しれません。「レッスンを受けると体が変わる」と評判の人気ヨガ講師・柳本和也先生が、「魚のポーズ」と「片脚の鳩の王のポーズ」を正しく深めるコツをアドバイスしてくれました!

POSE1:「魚のポーズ」は胸を高く押し上げて肩まわりを解放

仰向けになり、手のひらを下にしてお尻の下に差し入れます。肘で床を押して胸を上げ、頭頂部を床につけます。胸が落ちないように肩を後ろに下げ、背中でアーチを描きましょう。

魚のポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

攻略ポイント

・肩甲骨を寄せて肩を下げ、胸を高く上げる。
・骨盤が寝たままにならないように、しっかり起こす。

これはNG:腕の力で上体を持ち上げようとすると肩が前に出て、首だけが落ちる。

魚のポーズ
photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

魚のポーズ
魚のポーズ
片脚の鳩の王のポーズ
片脚の鳩の王のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する