陰ヨガに学ぶ|恋愛の“陰”から得られるもの

PIXTA

陰ヨガに学ぶ|恋愛の“陰”から得られるもの

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-08-11

月と太陽。陰と光。森羅万象には陰と陽があると言われています。もちろん恋愛だって結婚だって陰と陽がありますが、陰はダメで陽はイイ、そんなふうに考えていませんか?その捉え方を少し変えてみると、自分に起こるすべてのことが学びであると思えるようになります。

“陰”とは、陰ヨガのようなもの

「陰陽」と聞くと、陰はネガティブな状態で、陽はいい状態とイメージしやすいですが、ヨガのスタイルである陰ヨガを当てはめると、陰がいかに重要かがわかってきます。陰ヨガとは、ポーズのホールドが長く、じわじわと筋膜や関節という体の深いところにアプローチをしていくヨガです。ひとつのポーズを長くとる間に、呼吸や自分の内側と向き合う時間も十分あるので、瞑想を深める精神的な練習にもなります。また、身体的にも、表面の筋肉より深部に刺激を入れていくので、手の届かないところが痛気持ちよく伸ばされているという感覚です。痛すぎてもダメ、軽く気持ちいいだけだともう少し深くアプローチできるかも。そんな絶妙のポジションを自分の体と会話しながら探していきます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

恋愛 陰ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する