ピザは“ヨガ的”な食べ物?アウトドアピザを通して得られる「食への気づき」

Sheri Giblin

ピザは“ヨガ的”な食べ物?アウトドアピザを通して得られる「食への気づき」

夏の夜、アウトドアでピザを焼いてみない?トッピングのアイデアを交換しおしゃべりしながら焼き上がりを待つ…そんな贅沢な時間は、食べる行為を本能的に楽しむことや人との結びつきをもたらしてくれる。記事の最後にニューヨークスタイルのピザ生地&ピザソースのレシピもあるので、あわせてチェックしてみよう。

ピザを楽しむ。その選択肢は無限大

カリフォルニア州、ソノマ・カウンティ。気温は24℃、木製のデッキで108 エーカーの農場を見渡しながら、ヨガのクラスを終えたばかりだ。遠くの方で、太陽がゆっくりと海に沈んでいく。空気中には薪が燃える匂いが漂い、ハーブガーデンからパティオの方へと自然に足が向いていく。パティオにはパチパチと音を立てているピザを焼くアウトドアのオーブンがあり、その中のれんがでできた炉はちょうどいい温度になっている。
長テーブルに並べられた丸い器には、トッピングが山盛りになっている。ローストしたニンニク、キャラメリゼしたタマネギ、おろして粉にしたフォンティーナチーズ、収穫したばかりのホウレンソウ、リコッタチーズを詰めたスクウォッシュの花。ヨガの先生が巧みにピザの生地をのばし、頭の上に放り投げるのを見ようとみんなが集まってくるころ、表面にぷっくりした気泡ができている、黄金色に焼けた最初のピザがオーブンから取り出される。そんなとき、心の中で思うのはこんなことだ。「夏が大好きでたまらない」
オクシデンタルのジェネー・マーティンの家族農場にようこそ。彼女はここで「おいしい趣向」をこらした夏季のヨガリトリートを行っている。その趣向とは、夜のプラクティス後に行うピザパーティのことだ。「私は、イタリア系アメリカ人。だから、家族にとって、ピザはごく普通のものなの」とマーティンは言う。「それにピザは、みんなの好みに合わせることができるから、大勢の人たちをもてなすのに最高よ。フレッシュコーンやアルギュラ、タマネギ、ニンニクを使ったヘルシーなものもできるし、乳製品抜きがよければ、それも可能。グルテンなしのクラストもつくれるわ。アーユルヴェーダ的にバランスの整ったピザもね。選択肢は無限よ」
ずっと昔からある、安らぎを与えてくれる食べ物、ピザは、工夫をこらしたパンやピザを食卓に再び紹介した、国中のシェフやパン職人たちの情熱のおかげで、近年のルネッサンス期を迎えている。最近では、多くの高級レストランのキッチンで薪オーブンが使われ、メニューには、全粒粉を使ったクラストや、農家から届いたばかりの素材をトッピングしたベジタリアンのピザがある。とはいっても、アウトドアで焼くピザには、何か特別なものがある。そして、このニュースは広まりつつあるようなのだ。ヨガのリトリート、福祉センター、近所の公園、学校、カフェ、そして自宅の裏庭でさえも、誰もが外でピザを焼くことに夢中になっている。

Photos by Sheri Giblin
Food styling by Erin Quon
Translation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.24掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ピザ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する