ニューヨークの栄養カウンセラーが選ぶ「体に優しいオイル」ベスト3

Getty Images

ニューヨークの栄養カウンセラーが選ぶ「体に優しいオイル」ベスト3

たくさんの調理オイルが出回り、どのオイルが良くて悪いかの情報が錯綜するなか、いったい何を目安に選んだらいいだろう? ニューヨークのナチュラルグルメ・インスティテュートでシェフインストラクターと栄養カウンセラーを務めるセリーヌ・ベイトマンが、おすすめのオイルトップ3と、その選び方、味見、保存の仕方も紹介する。

オイルの賢い使い方

ベイトマンはよく生徒たちから、オイルの選び方、保存法、賞味期限の見極め方を聞かれるという。彼女のアドバイスを紹介しよう。

買い方

保存料、着色料、香味料フリーのUSDA(米農務省)オーガニック認定のオイルを探そう。必ず濃い色のビンに入っているものを選ぶこと。オイルを劣化させる光や熱から保護してくれる。

テイスティング

買ったらすぐに味見をしよう。新鮮なオイルの味を知らないと、劣化してもわからないからだ。

保存法

まとめ買いしたオイルや高価なオイルの劣化を防ぎたい場合は、当面使う分だけ小さな容器に取り分け、残りは冷蔵庫で保存する。

Text by CORINA QUINN
Story by Corina Quinn
Photos by Ben Fullerton
Styling by Emily Choi
Translated by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

セサミオイル
ココナッツオイル
エクストラバージンオリーブオイル
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する