肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ

PIXTA

肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ

ミネラルウォーターを活用すると、女性のキレイはもっと輝いてくる。美容研究家・水野ももさんに聞いた、すぐに実践できるミネラルウォーターとの付き合い方をご紹介。

体を浄化しよう

肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
(photobyPIXTA)

水をしっかり飲んで体を浄化することが大切。血液や細胞など、人間の体の約70%は水分でできていますから、体内をデトックスし、キレイな状態にしておくことで、肌や腸の老化防止にもつながります。また、水は体のすみずみまで栄養分を届けてくれる伝達物質でもあります。腸で吸収した栄養分をきちんと細胞に届けるためにも、体内の水分をキレイに保ちましょう。

ミネラルを補おう

肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
(photo by PIXTA)

私たちの体には、消化・吸収の働きを促す酵素があります。酵素はビタミンやミネラルと一緒に働くので、ミネラルが不足していると酵素が正常に働きません。ミネラルを日常的に補うには、ミネラルウォーターが有効です。日本人の食生活の変化で、ミネラル分が慢性的に不足し、野菜をたくさん食べても、土壌自体にミネラル分が枯渇しているので、なかなか十分な量を採ることはむずかしいのです。硬度が高すぎると下痢の原因にもなり、必要な栄養分を出してしまう恐れもあるので、適度な硬度のミネラルウォーターを選びましょう。

肌につけてうるおいたっぷりの肌へ

肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
(photo by PIXTA)

ミネラルウォーターは飲むだけでなく、肌に直接つけても効果的です。その場合は、軟水を選びましょう。化粧水と水を5:5の割合で混ぜ、いつものようにお手入れするだけ。水分量が上がり、肌への浸透力が増します。使う化粧品量が減るので、お財布にもうれしいですね。乾燥が気になる時には、水のパックがおすすめ。市販のシートやコットンに、化粧水と水を半々の割合で混ぜたものを含ませます。水分がたっぷり含まれた肌細胞は光をキレイに反射するので、肌の輝きがアップします。また、手で触ると、吸い付くようなもっちりとした肌を保ってくれます。

教えてくれたのは…水野ももさん

アクアビューティ代表。水を取り入れた独特の美容方法「アクアストリーム美容法」が話題に。また「美しさは食から」と、酵素美肌食セミナーも開催し、酵素を切り口にしたメタボ対策食事法なども提案している。www.mizuno-momo.com/aqua-beautyofficial/index.php

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
肌につけてもよい?すぐに始めたくなる「ミネラルウォーターのとり入れ方」3つ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する