胸と腿のこわばりを解消する2つのワーク|アップドッグ上達のためのメソッド

Getty Images

胸と腿のこわばりを解消する2つのワーク|アップドッグ上達のためのメソッド

簡単に見えて、意外と柔軟性を要求されるアップドッグ。背中の柔らかさはもちろんのこと、胸の開きやすさやストレッチされた安定性のある腿がポイントになります。胸と腿のこわばりを解消してくれるワークを、人気ヨガ講師の柳本和也先生に教えてもらいました。

1.肩を外に回し、こわばりをオフ

後屈時に肩が前に出ると胸が開きにくくなります。肩関節のみを動かすワークで肩~胸の緊張を解放。

HOW TO

1.足を揃えて立つ。両手を肩の高さまで上げ、肘を90度に曲げる。手のひらは正面に向けて。

後屈の練習
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.肘を支点に、肘~指先のみを、時計の針のように後ろへ動かしながら胸を開いて5呼吸キープ。

後屈の練習
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.前腿を伸ばして下半身を安定

壁を使ったストレッチで前腿の力みを解消。下半身が床から高く浮くのを抑え、バランスを整えて。

HOW TO

壁の近くで立位の前屈に。右膝を曲げ、足先を壁につけて膝を床に下ろす。上体を起こし、両手を左膝の上において5呼吸キープ。反対側も同様に。

前腿のストレッチ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT
腰と肩甲骨を壁に近づけるイメージで背中を真っすぐ伸ばす。腰が反りすぎるなど、きつい人は膝を壁から離し、腰~膝を一直線に保って。

 

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

後屈の練習
後屈の練習
前腿のストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する