ヨガの効果をアップ!肩関節を逆回転させる「後ろ手前屈」で全身を一気にほぐしきろう

PIXTA

ヨガの効果をアップ!肩関節を逆回転させる「後ろ手前屈」で全身を一気にほぐしきろう

現代人に多い「力み」。体が力んでいると、ヨガの効果も半減してしまいます。そこでおすすめなのが、後ろ手で行う前屈。肩関節を逆回転させることで全身が一気にほぐれるワークを、人気ヨガ講師の柳本和也先生がレクチャーしてくれました。

肩関節を逆回転させ全身を一気にほぐす

腕を上げるときに肩も一緒に上がると、肩まわりを力ませることに。肩関節の強ばりを解くには、ポーズと逆方向に肩を回す動きが有効。そのまま後ろ手で前屈し、腿裏をほぐすことで、全身の強ばりを効率よく解消できます。

HOW TO

1.両脚を1mほど、大きく開いて立つ。両手を体の後ろで組み、肘を伸ばす。息を吸って胸を開きながら5呼吸キープ。

体をほぐす
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

2.上体と腕を真っすぐに伸ばしたまま、吐く息とともに股関節から上体をゆっくり前倒。肩と腿裏の伸びを感じながら5呼吸キープ。

体をほぐす
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT
肩甲骨を寄せて胸を引き上げ、お尻から頭頂までを真っすぐに保持。両足の爪先に体重をのせると、腿裏のハムストリングがしっかり伸びる。

これはNG

背中が丸まり、体の内側に頭が入ると肩関節が動かしにくく、肩まわりがほぐれない。首の後ろを伸ばし、頭が落ちないように。

体をほぐす
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyosh(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazek(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体をほぐす
体をほぐす
体をほぐす
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する