今さら聞けない!シャヴァーサナの疑問

KENJI YAMADA

瞑想との違いは?今さら聞けないシャヴァーサナの疑問

すぐ寝てしまっても大丈夫?

「クラスでも眠ってしまう人がいますが、私は「どうぞ、寝てください」と言います。シャヴァーサナのときに寝るということは、それだけ深いリラックス状態になっているということ。良いことだと思います」

アロマや音楽は使っていい?

「緊張をほどき、リラックスするのに役立ちそうなら、使ってもいいでしょう。ただ音楽を流すと、無意識に「聴く」という行動が働くこともあるので、そのときは無音で行った方がいいかもしれません」

ソワソワ、イライラ、じっとしているのがつらい!

「無理にソワソワやイライラした感覚を押し込めようとしないでOK。マインドが落ち着かないのなら、まずは体を休めることを優先しましょう。「この時間、私は体に休息を与えるんだ」と腹をくくることが大事です」

シャヴァーサナだけをやってもいい?

「緊張がほぐれると血液やリンパ、気の流れが改善され、体の自然治癒力が高まります。いわば、自分で自分の心身を癒すようなもの。アーサナをプラスすることで効果は高まりますが、シャヴァーサナだけ行っても◎」

ベッドでやっちゃダメ?

真っ平らな床の上に寝ることで、普段はあまり感じない背骨のカーブや頭の裏の感覚など、たくさんのことに気づきます。でも、ベッドで横になっていると、そういう繊細な感覚は得難いもの。床の上がおすすめです。

緊張を解くことができないのですが… 

「無理に緊張をほぐそうとすると、頑張ろうという主体的な意識が働いてしまいます。その場合は、「自分は今、緊張している」という状態をありのままに感じ、緊張を観察しているだけでも充分です」

 

教えてくれたのは…吉川めい先生

アシュタンガヨガの後継者、スリ・K・パタビジョイス氏に師事し、日本人女性初のアシュタンガヨガ正式指導者資格を取得。アディダス契約ヨガトレーナー。東京・表参道でコンセプトスタジオ「veda」を主宰。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Kenji Yamada Shoko Matsuhashi Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Shinichi Yano
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.51掲載

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する