内もも&お尻を同時に鍛える!強い下半身を作る片足立ちトレーニング

Shoko Matsuhashi

内もも&お尻を同時に鍛える!強い下半身を作る片足立ちトレーニング

ヨガのバランスポーズが苦手な人必見。体幹を鍛えることも大事ですが、あわせて内ももや臀筋が鍛えられていないと、軸のない体に。ブレない下半身を作るトレーニングを、ミス・ユニバース・ジャパンを指導したパーソナルトレーナーの池澤智先生に教えてもらいました。

内ももとお尻まわりを同時にパワーアップ!

片足立ちから、動きをつけても体がグラつかないための強い軸とバランス感覚を強化。そのために必要な内ももやお尻の筋肉を鍛え、ヨガのバランスポーズにも応用できるワークです。

HOW TO

1.タオルの両端を両手で持ち、膝を曲げてタオルに右足をひっかける。肩の力は抜いて後ろに開き、背筋もまっすぐ伸ばして次へ。

メロディー洋子
Photo by Shoko Matsuhashi

2.下腹部と右脚の内腿、拇指球(中心軸) を意識して、吐きながら足先を前方に伸ばし、吸いながらまた膝を曲げる、を10回。左足も同様に。

メロディー洋子
足を伸ばすときにタオルを手前にぐっと引っ張ってあげるとバランスがとりやすい。(Photo by Shoko Matsuhashi)

POINT
背筋を伸ばし、骨盤を立てて行いましょう。脚を前に伸ばしたときも、お尻が片方だけ沈んでしまわないように注意して。

これはNG
背中が丸まってしまったり、骨盤が後傾してしまうと足を前に伸ばせずグラついてしまう。

メロディー洋子
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは...池澤 智先生

「トータル・ワークアウト」代表取締役社長、兼パーソナル・トレーナー。有名人や2012 ~ 2016ミス・ユニバース・ジャパン、2016ミス・アース・ジャパンの公式トレーナーとして、ファイナリストのボディメイクを指導。

モデルを務めたのは…メロディー洋子さん

アメリカ・カリフォルニア州出身の人気モデル。多数のファッション誌、広告、ショーなどで幅広く活躍するTOPモデル。ARTISTIC & CO.のイメージモデル。アジア圏で放送中の「Sens Asia」にも出演中!ヨガ歴9年と熱心なヨギでもある。特技は逆転ポーズ。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

メロディー洋子
メロディー洋子
メロディー洋子
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する