つらい生理痛の原因は骨盤歪み?歪みを矯正する簡単壁ストレッチ

Getty Images

つらい生理痛の原因は骨盤歪み?歪みを矯正する簡単壁ストレッチ

つらい生理痛や生理不順の原因として考えられるのが、骨盤のゆがみ。内部の血流が滞って不調を引き起こしやすくなります。そこでおすすめなのが、仙骨調整ワーク。骨盤中央にある仙骨をバランスよく動かし、効率よくゆがみを整えましょう。アクロヨガジャパン代表の西浦莉紗先生に教えてもらいました。

バックパックのポーズで仙骨を押してまっすぐ立たせる

背中合わせで壁を押し、仙骨がまっすぐ立つように負荷をかけることでゆがみを整え、正しいポジションに整えます。前傾・後傾させる動きを加えると、さらに調整効果がUP。

HOW TO

1.壁の前に立ち、両膝を曲げて、かかとの真上に膝をセット。肩、背中、仙骨を壁にぴったりつけて軽く押しながら、両腕を肩の高さに上げて5呼吸キープ。

あ
Photo by Toru Tokunaga

2.肩~背中を壁につけたまま、仙骨を前傾・後傾させるのを5回繰り返し。壁にすべらせながら、曲線的に動かして。

あ
Photo by Toru Tokunaga

教えてくれたのは...西浦莉紗先生

アクロヨガジャパン代表。アクロヨガ正式指導者。「アクロヨガをブームではなく流派に」という思いでヨガクラスやヨガイベントを担当。海外でも精力的に活動している。

 

Photos by Toru Tokunaga
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.57掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する