低GI、抗生物質不使用etc.個性派ぞろいのアメリカ発「エナジー・バー」ラインナップ

KAYOKO OGAWA

低GI、抗生物質不使用etc.個性派ぞろいのアメリカ発「エナジー・バー」ラインナップ

KAYOKO OGAWA
KAYOKO OGAWA
2018-05-01

仕事の合間に、エクササイズ前に。小腹が空いた時に手軽に食べられるエナジーバーは、アクティブな現代人の日々の生活に合理的で手軽な携行食品として定着しています。栄養価が高く、持続的なエネルギーをサポートしてくれるばかりではなく、食べて美味しく、手に取ってもおしゃれ。スポーツ産業が盛んなアメリカでは、近年の健康ブームや人々の食への関心の高まりもあり、実にさまざまなエナジーバーが誕生しています。今回はアメリカで特に女性に人気の各種バーとそのブランドを紹介してみましょう。

LUNA Bar

カリフォルニアを拠点に、アウトドア・スポーツ愛好家のみならず、ビジネスマンたちの間で広く親しまれているオーガニック食品ブランドのフラッグシップ商品CLIF Barの姉妹ブランド。CLIF Barはすでに日本に上陸済みだが、LUNAは女性をターゲットに1999年に誕生。特に女性が必要とする栄養に重点を置き、フレーバーも女性好みのものが多い。同ブランドからは他にもプロテイン・バーや栄養ドリンクなどがリリースされている。

LUNABAR
LUNA Bar(レモン・ゼスト味)。遺伝子組換え作物不使用。グルテンフリー。甘さ控えめのオーガニック・オーツや大豆をさっぱりしたレモン・フロストでコーティング。48g、190カロリー

CLIF Bar

http://www.clifbar.com/luna

GoMacro

乳がんとの戦いに打ち勝ったアメリア・カーチョフさんがウィスコンシン州の自宅で作り出したバー。闘病中に実践していたマクロビオティックをヒントに、植物由来の素材のさまざまなバーを開発。やがて商品の評判は広まり、2004年にはブランドが設立され、商品は全米へ。現在では素材用の農場の運営も手がけ、家族が一致団結して作り出すこだわりのブランドとして愛されている。

GoMacro
GoMacro Bar(ココナッツ・アーモンド・バター・チョコレートチップ味)。大豆不使用のビーガン・バー。オーガニック発芽玄米とオーガニック・ピー・プロテインをベースに、アーモンド・バター、バナナやひまわりの種、くるみなど加えた高プロテイン・バー。65g、270カロリー

GoMacro

https://www.gomacro.com/

All photos by KAYOKO OGAWA

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

LUNABAR
GoMacro
クエストバー
LARABAR
LARABAR
RXBAR
thinkThin
HEALTH WARRIOR
OATMEGA
PERFECTBAR
ProBar
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する