【40代からのゆるトレで体が変わる】浮き輪のような脇腹に効く!確実に結果を出すポイントとは?

Adobe Stock

【40代からのゆるトレで体が変わる】浮き輪のような脇腹に効く!確実に結果を出すポイントとは?

須藤玲子
須藤玲子
2022-03-05

40代になり、年齢と共に体形の変化が気になり始めた人、特に脇腹がぽっちゃり浮き輪のようになってきた…そんな人におすすめ!今回は筋力に自信がなくてもできる、「ゆるトレ」のやり方と、結果を出すためのポイントをご紹介します!

広告

ゆるトレでも確実に結果を出す!3つのポイント

無理なくできるゆるトレ。結果を出すには、押さえておきたいポイントがあります。

1即効性を求めない

代謝が落ち始める40代からのトレーニング。まず、20代の若い頃より時間がかかることを受け止めておきましょう。すぐに結果が出なくても途中で投げ出さず、細く長く続けていくことが大切です。

2ターゲットとなる筋肉に効いていることを確認する

SNSの動画などを参考にするのもありですが、形を真似することに拘り過ぎてはいけません。ターゲットとなる部分の筋肉を使えているかどうかがポイントです。効かせたいなら、形に拘るより、効かせたい部分に効いているかどうか…そこに拘ってトレーニングをしましょう。

3. 生活全般もゆるく見直す

長い目で見て続けていくゆるトレ。すぐに結果が出ないことは理解していても、やっぱり変化は欲しいものですよね!それならトレーニングと同様に、生活全般もゆるく見直してみませんか?例えば、甘いものは週に一度のご褒美!たまにはカロリーを気にせず好きな物を食べてもOKだけど、次の日は控えめにして早めに寝る!など…。少しだけ見直す程度なら、ストレスにならず、継続していけるのではないでしょうか?

浮き輪のような脇腹にきかせる!無理なくできるゆるトレ

気になる脇腹をターゲットに、早速ゆるトレを始めましょう。

やり方

浮き輪のような脇腹に効かせるゆるトレ
1.足を腰幅より少し広めにして立つ。
2.姿勢と呼吸を整える。
3.息を吸いながら左手を上げる。
4.息を吐きながら5秒かけてゆっくり右に傾ける。傾けたところで更に5秒キープする。
5.息を吸いながら元の位置に戻る。
6.左右10回ずつ行う。

1.足を腰幅より少し広めにして立つ。

2.姿勢と呼吸を整える。

3.息を吸いながら左手を上げる。

4.息を吐きながら5秒かけてゆっくり右に傾ける。傾けたところで更に5秒キープする。

5.息を吸いながら元の位置に戻る。

6.左右10回ずつ行う。

ポイント

下になる脇腹には引き締め効果、反対側の脇腹にはストレッチ効果が期待できる、簡単なトレーニングです。下の手の指先が膝に触れるのを目安に体を傾けますが、前かがみになってしまうと脇腹の筋肉に効きません。形ではなく脇腹への意識を忘れない事が大切ですよ!

気を抜かずに無理のないゆるトレを続けよう!

今回は脇腹をターゲットにしたゆるトレを紹介しました。目につきやすい部分だけに、比較的意識を向けやすかったかもしれません。「無理はしないけど、サボらず気を抜かない!」前向きな気持ちを忘れずに、ゆるくてもちゃんと効かせるトレーニングを続けていきましょう。40代、まだまだ変わることはできますよ!

広告

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

浮き輪のような脇腹に効かせるゆるトレ