【賛成・反対、ワクチン接種を巡る対立】不安が高まる中で私たちはどう生きるべきか|臨床心理士の体験

Adobe Stock

【賛成・反対、ワクチン接種を巡る対立】不安が高まる中で私たちはどう生きるべきか|臨床心理士の体験

南 舞
南 舞
2021-09-24

コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まり、『摂取した』という声を聞く機会も多くなりました。しかし接種が始まった事で起きた、新たな問題も。筆者や筆者の周りの体験談や、そこで感じたワクチン接種との付き合い方について、臨床心理士の視点からお話したいと思います。

『ワクチン、打たないの?』という言葉への違和感

ワクチン接種が始まったものの、筆者の年代は接種の優先順位が低く、予約もなかなか取れないと周囲から聞いていました。筆者自身もワクチン接種に対して不安が全くないわけでもなかったので、様子を見ることに。友人や知人との会話の中で、『ワクチン打つ?』あるいは『ワクチン、もう打った?』と聞かれることもありましたが、ある時、『ワクチン、打たないの?』と言われた言葉に少し違和感を感じたのです。今思えば、『打ってないのはおかしい』と言われたような気がしてもやもやしたのかもしれません。

ワクチン 不安
photo by Adobe Stock

『ワクチンの副作用、ヤバイらしいよ!』と言われ、不安に

色々考え、結局はワクチン接種をすることに決めました。積極的には言わないけれど、機会があれば周囲にその旨を伝えていました。ところが、ワクチン接種をすることにしたと話したあたりから、様子が変わっていきます。ある時、何人かの友人・知人からメッセージが届きました。それは、『ワクチンの副作用、ヤバイらしいよ』『ワクチン打つの、考え直したら?』といったような内容のもの。これは筆者だけでなく、周囲の人も似たような体験をしていました。中にはワクチンの危険性に書かれたサイトのURLや、ワクチンがどう危険なのか、そして打つなんてありえないといった否定されるようなメッセージが長文で届くなどあったそうです。ちなみに、こうしたメッセージをもらった時、筆者はもうすでに一度目の接種を終えた後だったので、『打たない方がよかったのかな?』と心がざわつき、それまで感じていなかった不安や緊張が掻き立てられる感じがありました。それでも医療従事者の知り合いや政府が発表している情報を参考に打つことを決めたので、自分の中で不安の気持ちの整理をし、落ち着くことができました。

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ワクチン 不安
対立
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する