「昔からの友達」と話が合わなくなった…そう感じた時に知っておきたい4つのヒント|臨床心理士が解説

Adobe Stock

「昔からの友達」と話が合わなくなった…そう感じた時に知っておきたい4つのヒント|臨床心理士が解説

南 舞
南 舞
2021-07-08

ライフステージが枝分かれしていく20代後半から30代は、これまでの友人と「話が合わなくなった感じがする」「どう付き合っていったらいいのか分からない」と感じる人も多いようです。そんな時の対処法を臨床心理士がお話しします。

仲が良かったはずなのに

学生時代、あるいは社会人になってから仲良くなった友達。当時は何でも話せて、一緒にいて楽しいことばかりだったに、結婚や出産を経てから、「あれ?話が合わない」「どう話したらいいんだろう」そんなふうに戸惑い、せっかく会っても心から楽しめないという経験、ありませんか?筆者がカウンセリングを行う中でも、そうした声をよく聞くことがあります。例えば、

・出産した友人のSNSが子供だらけになってしまって、なんか複雑

・私以外、全員出産し子育て中の友人とのグループチャットでは、常に育児についての話題が飛び交い、その中に入れない

・独身の友人のSNSを見ていると、旅行に行って、美味しいものを食べに行き、欲しいものを買って充実している様子を見ると、「自分って何なんだろう」と思う

・バリバリ働く友人や、家庭を持って幸せそうな友人。そういった友人たちの姿を見ていると「どちらでもない自分は何?」って思って落ち込む

など。特に最近では、SNSで他者と気軽につながれるようになったことで、相手の暮らしぶりや価値観が常に目に入る環境にあります。そのために「私と状況が違う」「あの子変わっちゃった」などと感じやすくなっているのかもしれません。

AUTHOR

南 舞

南 舞

岩手県出身。多感な思春期時代に、臨床心理学の存在を知り、人の心に丁寧に寄り添っていくカウンセラーの仕事に憧れを抱く。臨床心理学、心理カウンセリングを学ぶために、大学院まで進み、「臨床心理士」資格を取得。現在は教育、企業にてカウンセラーとして活動中。ヨガとは学生時代にヨガスタジオの受付のアルバイトをしていた時に出会う。ヨガを始めたことで、身体が自由になっていく感覚に楽しさを感じたこと、周りと比べず自分と向き合っていくヨガの姿勢に、カウンセリングの考え方と近いものを感じ、ヨガ講師になることを決意。普段のクラスでは、呼吸と身体を繋げ、人と比べず、自分らしくいれるようなヨガの時間を提供できるよう心がけている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ライフステージ
友達
期待
付き合い
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する