ウールドゥヴァハスターサナ
(手を上にあげるポーズ)
Upward Salute

ウールドゥヴァハスターサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

タダーサナ(山のポーズ)で立つ。両腕を外側へ回す。手のひらが外を向き、親指が後ろを向くように。吸う息で両腕を外側から開き天井のほうへ上げる。

2

肩が硬い人は、両腕がほぼ平らになるところでストップすること。もし肩を丸めずにできるようなら、頭上で手のひらを強く合わせる。まず手のひらの付け根、そして手のひら、最後に指の順で。

3

肘を小指の方までずっと伸ばしきって、親指が頭頂部のほうへ少し下がるようにする。首の後ろを圧迫していないことを確認しながら、頭をやや後ろに傾けて親指の方を見る。

4

肋骨の前側を前に突き出さないように。肋骨前側は、下に(骨盤側へ) そして中に(背骨側へ)向けて、尾骨を床の方向へ伸ばす。胸郭を骨盤から引き離して平らにし、腹の周囲をストレッチする。数呼吸ホールドする。

5

息を吐きながら両腕を外側へ下ろし、胴体を股関節から折り曲げてウッタナーサナ(立位前屈)へ。

その他の効果

腹部のストレッチ・消化機能の改善・肩と脇の下のストレッチ・軽い不安の軽減

禁忌および注意すべきこと

首に故障がある場合は、このポーズで両腕を上げないこと。

ビギナーへのヒント

上げた両腕をまっすぐ伸ばすには、肘のすぐ上にストラップなどを巻いて、肩幅になるよう締める。

関連記事