【30秒の股関節ほぐし】脚が軽くなる!脚の付け根の硬さをほぐすローラーマッサージ

Adobe Stock

【30秒の股関節ほぐし】脚が軽くなる!脚の付け根の硬さをほぐすローラーマッサージ

伊藤香奈
伊藤香奈
2021-06-29

座り仕事や移動等、脚の付け根を曲げた状態でいる時間が長くなると、脚の付け根につまり感や鈍痛を感じることはありませんか?血流も悪くなり足のむくみにもつながるこの「つまり感」を開放するほぐしをご紹介します!

脚の付け根のつまり感を開放するほぐし

長時間の座り仕事や、車・電車移動ですぐに足がむくんでしまうという方、脚の付け根に鈍痛を覚えるという方は、脚の付け根(=ビキニンライン)の少し外側あたりが硬くなっていることが多くあります。この部分は、太ももの前側にある大きな筋肉が集まっており、硬くなりやすいのにストレッチをしづらい部分でもあります。今回は、筋膜リリースローラーを使ったほぐしをご紹介します。ストレッチポールやヨガブロックでも行っていただけますが、タオルやクッション等の柔らかすぎるものは効果が出づらいので道具を使うことをお勧めします。

脚の付け根をのせて30分揺れるだけ!簡単股関節ほぐし

体勢が少し難しいので、まずは道具を使わずにチェックをしてから行いましょう。また、このほぐしは筋肉が硬くなってしまっている方はかなりの痛みを感じることがあります。痛みの大きさと効果は必ずしも比例しませんいた気持ちいい程度で行うように心がけましょう。続けて行っていくと肩さによる痛みがとれ、心地よいストレッチ感覚で行っていただけるようになります。

やり方

1.うつ伏せに寝たら片脚の膝を曲げます

2.曲げた脚と同じ方の手で、内側から足の親指側をつかみます

3.膝を外に倒していきます

この動きをローラーの上に乗って行いますが、膝に痛みがある方は行わないようにしましょう。

1.脚の付け根にローラーをセットし、ローラーの上にのります

2.上記の2~3のステップで足をつかみ外に倒します。脚を外に倒すように揺らしたり、痛みが強い場合は脚を揺らさずその場で呼吸を繰り返しましょう

3.脚の付け根、腰骨の下あたりがローラーにあたってほぐされます

この動きでかなり痛みがあった方は、太ももの前側全体の筋肉も可能性が高いです。まずはこちらの太ももの前側をほぐす動きを行ってから、脚の付け根をほぐすようにするとほぐれやすくなり痛みも軽減されます。

ローラーがない方は、この動きでOK!日頃から太ももの前側の筋肉をほぐしていくと、脚の付け根のつまり感や鈍痛も起きづらくなってきます。

 

 

AUTHOR

伊藤香奈

伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学とヨガ・ストレッチ・筋膜リリース・骨格調整などを学び自らの痛みを克服した経験をもとに、オリジナルメソッド「股関節ヨガ」を考案。「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるほか、股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する