【40代女性の幸せのかたち】「妊娠適齢期を過ぎてホッとした」選択肢の多い時代を生きるということ

Adobe Stock

【40代女性の幸せのかたち】「妊娠適齢期を過ぎてホッとした」選択肢の多い時代を生きるということ

井上敦子
井上敦子
2021-05-23

妊娠・出産に関して、子供を持たないアラフォーは岐路に立たされます。子供を持たないと決める選択、たとえ望みは薄くてもチャレンジをするという選択、自然に任せるという選択。子供を産む可能性がゼロでない限り、広がっている選択肢の中で最善の方法を探り、迷う時期なのではないでしょうか。今の私が妊娠適齢期を過ぎて寂しさよりも解放感を感じているのは、そんな迷いを感じながらを30代後半~40代前半を過ごしてきた証拠なのだと思います。

子供を持たないアラフォーにかかる圧

「今は40代になっても子供を産める時代だからね!」そんな会話になるたび、痛いところを突かれたなぁ、気を遣わせて申し訳ないなぁ、と妊娠適齢期も終盤に入った30代後半~40代前半の頃の私は居心地の悪さを感じていました。婦人科の疾患が見つかり妊娠・出産のステージから早々に降りてはいたものの、「出産できる可能性はゼロじゃない、先進医療で試すべき方法がまだまだあるから」と、再びそのステージに上がるという選択肢が常に頭の中にチラついていたからです。

選択肢が多い状況は一見、恵まれていて幸せな場所に立っているように見えます。たくさんの選択肢があるよ!可能性も広がったよ!選べるなんて自由で幸せなことじゃない、と。確かにそうなのですが…とりわけ妊娠や出産に関しては何かが違う。もちろん医療の発達により出産を願う人が妊娠できるのであれば、それは素晴らしいことだと思います。でも、医学の力を借りないで自然に身を任せよう、パートナーがいないからその運命を受け入れよう、といった類の人たちが一定数いることは確かで(私もその一人でしたが)、そういった類の人たちも頑張り続けることを求められているように感じてしまう。女性は「産む性」であること、少子化問題が深刻化していること、女性の幸せは家庭と子供を持つことだという根強い価値観(今はだいぶ違うのかな?)。妊娠・出産の可能性がゼロではない限り、子供を持たないアラフォー女性は見えない外圧みたいなものを受けているのだと思う。もしくは、自分の内側にある圧を自分に向けてしまう場合もあります。

AUTHOR

井上敦子

井上敦子

15年間の会社員生活を経てヨガ講師に転身。不眠症をヨガで克服した経験を持つ。リラックスが苦手だった経験から、ヨガニードラを通じてリラックスの本質を伝えるクラスを展開。週に8本のヨガニードラのレギュラークラスを持つ他、指導者養成講座やコラム執筆等ヨガニードラの普及に努めている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する