【加齢による腰回りのお肉を取る方法】クッションを使って「腹斜筋」に効かせる「1日3分くびれヨガ」

AdobeStock

【加齢による腰回りのお肉を取る方法】クッションを使って「腹斜筋」に効かせる「1日3分くびれヨガ」

西畑亜美
西畑亜美
2021-03-27

キレイに引き締まったウエストのくびれは、多くの女性の憧れですよね。くびれを作りたいと、ただ必死に腹筋運動をしても、お腹の中心部に位置する腹直筋を中心とした引き締め効果以外は期待しにくいのです。 つまり、ベーシックな腹筋運動では美しいくびれのラインは作れないということ。キュッ美しいくびれを作るには、どの筋肉を意識した筋トレを行うとよいのでしょうか?

腹筋には大きく3種類ある!くびれに重要な腹筋とは?

腹筋と聞くと縦にあるまっすぐな筋肉を皆さんイメージすると思いますが、厳密に腹筋は3つのパートに分かれます。

  1. 腹直筋・・・肋骨から恥骨まで走行している、身体の表面にあるある長い筋肉。6つに割れた腹筋・シックスパックや割れた腹筋は、この「腹直筋」を指しています。
  2. 腹斜筋(内腹斜筋と外腹斜筋) ・・・おなかをやや斜めに走っている、深さ的には中間にある筋肉で、主に身体を捻るのが仕事です。
  3. 腹横筋・・・腹巻のようにおなかを横方向に走っている、最も深くにある筋肉で、コルセットのように姿勢を支えるのが仕事です。
筋肉説明
イラストAC

くびれ作りには“ねじり”が効果的

おなかまわりを斜めに走っている「腹斜筋」が、くびれ作りに重要な筋肉。ここを鍛えることで、左右からお腹が引き締まり、女性らしいキュッとしたくびれたメリハリボディに導いてくれます。ここの筋肉を使う代表的な動きは「ねじり」!

今回は、毎日3分!くびれを作る簡単なエクササイズ動画をご紹介致します。おうちにある、クッションやボール、ヨガブロック等を使ううことによって[内転筋→骨盤底筋→腹横筋]も複合して鍛えることが出来る一石四鳥のエクササイズ動画です。是非、毎日行って、女性らしいメリハリのあるボディラインを作りましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

西畑亜美

西畑亜美

ヨガインストラクター 様々なヨガのスタイルを学び、筋膜リリースやピラティスのメゾットを合わせて、スタイルが気になる女性のボディメイクから柔軟性を高めたいプロスポーツ選手からも定評がある。 武蔵小杉&aヨガ主宰。オンラインサロン&a運営。 1000人規模のイベントでも講師担当。雑誌や動画メディア監修、モデル出演など活動の幅を広げる。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

筋肉説明
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する