【寝ながら骨盤トレ】産後ママ必見!子供と遊びながら手抜きでむくみを解消できる?!

KanamiOkamoto

【寝ながら骨盤トレ】産後ママ必見!子供と遊びながら手抜きでむくみを解消できる?!

運動する気分にならないけど、むくみが気になる…むくみで身体が重くなるのでさらに運動がしたくなくなる…。身体に脂肪がたまりやすくなる…。そんな負のスパイラルからは早く抜け出しましょう!身体の中心にある骨盤周りの筋肉を使うことで全身の流れをよくしてくれます。今日は気分が乗らなくても忙しくても簡単に行える骨盤トレをご紹介して行きます。

むくみは自分で流す!

身体には全身にリンパ管が張り巡らされ、その中をリンパ液が流れています。身体に溜まった老廃物や水分が流れ、いらないものを回収し排出する作業を行っています。そのリンパの流れが悪くなることで身体はむくみ重だるく感じやすくなります。筋肉は使うことでリンパをポンプのように送り出す働きがあるため、身体の筋肉を動かしリンパの流れを良くして行きましょう!

むくみ
リンパ管/Adobostock

むくみには骨盤トレ

上半身と下半身を繋いでいる身体の中心にある骨盤周りの筋肉を使うことで、身体の中からスッキリ流れていく感覚を味わうことができます。

ポーズ1(体幹・太もも側編)

①腰をそらさないようにお腹を引き込み、骨盤の位置を確認。

②両足を揃えてカカトを押し出す

③足を揃えたまま少しだけ足をアップ

 

ポーズ2(太もも内側編)

①腰をそらさないようにお腹を引き込み、骨盤の位置を確認。

②上の足を20cmほど上にあげてキープし、

下の足を上の足にタッチする。

 

ポーズ3(骨盤引き締め編)

①まっすぐな姿勢からお尻を少し突き出す

②上に乗せている足を引き込む

③斜め後ろにける

ポイント・お腹の力が抜けると腰がに負担がかかるため、お腹に力を入れながら行いましょう。また足の動きにつられて腰が動かないようにして行くと効果的です。


ライター/岡本かなみ(ベビトレヨガ代表)
親子にヨガを届けたい!産後にヨガをするのを当たり前の時代にしたい!と言う想いで親子にヨガを伝えている。またインストラクター育成に力を入れルためファミリーヨガスクールを立ち上げ、ベビトレヨガ講座をはじめ、子どもヨガインストラクターや子ども姿勢講座なども開催している。インスタグラム@kanamiokamoto  ベビトレヨガHP   

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

むくみ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する