「ぷよぷよお腹」を今年こそ卒業!ちょっぴりハードなポーズ2選

Adobe Stock

「ぷよぷよお腹」を今年こそ卒業!ちょっぴりハードなポーズ2選

寒い季節は身体が自然と脂肪を蓄えようとするため太りやすいと言われていますね。これからの季節はクリスマスや年末年始とイベントが盛りだくさん。気付いたら食べてしまって太っていたなんてこともよくある話。「ニットを着ちゃえばお腹まわりは分からない」とごまかすマインドはもう卒業して、今年は冬もすっきりお腹をキープしちゃいましょう。

まずはウォーミングアップからスタート

ご自身の呼吸のペースに合わせて太陽礼拝を5回繰り返してみましょう。お腹に効かせるのだとイメージを持ちながら、特に腹式呼吸への意識とプランクポーズでしっかりとお腹まわりにアプローチできているか確認してみてください。腹式呼吸ではいつもよりあと1秒長く吐く息を長めにできると良いかもしれません。またプランクポーズではお尻が上がっていないか、腰が反れていないか、鏡などを使って確認するタイミングがあっても良いでしょう。

お腹に効かせるポーズ①

ここからいつもより少し運動量を上げたポーズをご紹介していきます。

プランク
photo by Adobe Stock

1.まずはプランクポーズになります。頭頂からかかとまで、板のように一直線になっていきましょう。この姿勢で呼吸が止まってしまわないように気を付けてください。

2.両ひじが肩の下に来るようにマットに下ろします。手のひらは引き続きパーに開いておきましょう。この姿勢になるとお尻が上がりやすくなるので注意してください。

3.この状態で20秒キープしてみましょう。

4.さらにいけそうな方は、その状態のままお尻を左右に動かします。呼吸と連動できそうであれば吐く息ごとにやってみましょう。マットに軽くタッチできれば十分です。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

プランク
腹筋
「ぷよぷよお腹」を今年こそ卒業!ちょっぴりハードなポーズ2選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する