慣れてきたおうちヨガ、充実度をあげるために見直したい4つのポイント

Adobe Stock

慣れてきたおうちヨガ、充実度をあげるために見直したい4つのポイント

この数か月でおうちヨガが習慣になった人も多いのではないでしょうか?自分のペースで順調に慣れてきた一方で、慣れたころだからこそ見直しておきたいことも。どんなことに気をつけたら良いでしょうか?

1. 集中している?

ある程度のヨガポーズに慣れ、自宅でヨガをすることそのものにも慣れてくると、集中してヨガをしようという気持ちが薄れることがあります。スマホの着信音を消していなかったり、テレビをつけたままヨガをしてしまったり。たとえ短い時間の練習でも、その間はヨガに集中できる環境をつくることが大切です。環境もぜひ見直してみましょう。

focus
Photo by Samuel Austin on Unsplash

2. やさしいポーズでも丁寧にやっている?

慣れたころにありがちなのが、少し難しいポーズには気を使うけれど、やさしいポーズや基本的なポーズを何も考えずに流すようにやってしまうこと。ただなんとなく背中を動かしている猫のポーズと牛のポーズ、足の裏とマットの接地面を意識することなく、普通に立っているときと何ら変わらない山のポーズ(ターダーサナ)…心当たりはありませんか?毎回のポーズで体のどの部分を使っているのか、どこが気持ち良く伸びているのかなどを感じられるように、体や呼吸に意識を向けながら丁寧に行いましょう。

childpose
Photo by Katee Lue on Unsplash

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

focus
childpose
navasana
rest
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する