もはや意味をなしていない…?ブラトップの捨て時を考える|限界を知らせるサインとは

Adobe Stock

もはや意味をなしていない…?ブラトップの捨て時を考える|限界を知らせるサインとは

高木沙織
高木沙織
2020-08-06

ヨガにおけるブラトップの役割とは……?「心地よい呼吸をサポートするような着け心地であること」、それでいてさまざまな動きによって揺れるバストを安定させ包み込んでくれることが挙げられるでしょう。相反するかのようですが、このふたつのポイントが大切になってくるのです。 ……がしかし、購入時はまさにそれだったブラトップも何度も着けるうちに「ん?」と違和感を感じるように。 それ、そのブラトップが捨て時を迎えているお知らせかも。

ブラトップの劣化に気付くポイント①腕を上げる動きで

木のポーズ」や「椅子のポーズ」「英雄のポーズⅠ」のような腕を上げるアーサナ・動きをしたとき。ブラトップのアンダー部分が上がってきてしまってバストに違和感がある、というのはゴムが劣化しているからだと考えられます。

アンダー部分のゴムは比較的太くてしっかりとしたものが多く使われているので、ここが劣化しているのは何度も着けては洗濯をしてきたお気に入りの一枚だという証拠。なかなか手放せませんよね。ただ、この丈夫な部分が劣化しているということは、すでにほかの部分にもダメージが出始めている可能性も考えられ、ブラトップ本来の役割を果たせていないかもしれません。

アンダー部分に指を数本入れてみても余裕がある、腕を上げ下ろしするたびにアンダー部分を手で直しているというブラトップはお別れのときを迎えている目安のひとつとなるでしょう。

ブラトップの劣化に気付くポイント②上体を前に倒す動きで

続いては、上体を前に倒す「立位前屈のポーズ」や「ダウンドッグ」「ウサギのポーズ」などで気が付く劣化のポイント。

デコルテの部分のゴムが劣化してくると、前かがみになったときに隙間ができやすくなります。胸元や谷間があらわになってしまってちょっとセクシーな感じに……と言うとイメージしやすいでしょうか。一度伸びてたるんでしまったゴムは残念ながら縮みませんので、このようなブラトップもお別れの対象になるでしょう。

とは言っても、この部分の劣化であれば自宅でひとりでおこなうヨガやストレッチで着用したり、スタジオレッスンなら上に一枚着たりすればまだイケるかもしれませんので、お別れ検討中といったところでしょうか。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

もはや意味をなしていない…?ブラトップの捨て時を考える|限界を知らせるサインとは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する