【動画】リズムに合わせて“くびれ”ゲット!楽しく行う5分間のウエストシェイプエクサ

photo by Danielle Cerullo on Unsplash

【動画】リズムに合わせて“くびれ”ゲット!楽しく行う5分間のウエストシェイプエクサ

コロナ禍を乗り切る免疫力UPに加え、夏バテ防止にスタミナUP!と充実した食生活を送るうちに、洋服のウエストがキツくなっていませんか? ヨガ&心身のフィットネス講師の山本華子先生が伝授するシェイプアップ法でお腹まわりの脂肪を楽しく&スッキリ落としましょう。

音楽のリズムに合わせてヨガ・フィットネス・ダンスの動きを融合させた「ミュージックフローヨガ®️」を考案した山本先生が、ヨガよりも心拍数をあげて動く有酸素運動として提案する「ファントレ」。今回は、そのウエストシェイプをご紹介。ノリノリな音楽に合わせて、ツイスト、肘膝タッチ、側屈などを行い、ウエストラインを万遍なく刺激。お腹まわりが温まるのを感じながら脂肪をガンガン燃やし、美しいくびれを手に入れて!

リズミカルに動きながらお腹全体にアプローチ

ウエストシェイプを始める前に、まずは確認しておきたい3つのポイントを要チェック。

1)運動中、ムリをしないこと。

2)モノにぶつかったり、踏んだりしないように周囲を片付けてから行うこと。

3)近隣の迷惑にならない配慮を。

これらを守って、さっそくトライ!

【やり方とポイント】

1:深呼吸

脚をやや広めに開き、膝を軽く曲げる。両手を体の横から広げて深呼吸×4回。

2:ツイスト(各動き、左右共に行う)

右足から片足ずつ、リズミカルにつま先を床にタッチ×8回。脚の動きはそのまま、胸の中心を軽く横に向けてツイストを深める×8回。両手を胸の高さに上げてツイスト×16回。両手を胸の前で合掌しながらツイスト×16回。次に握りこぶしを作り、壁が横にあるイメージで壁をプッシュしながらツイスト×16回。

(ポイント)酔いやすい人は視線を横に向けず、正面に向けて行なって。

3:膝上げ&肘膝タッチ(各動き、左右共に行う)

つま先で床をタッチしながら、片膝をできるだけ胸の中心に上げ、上半身を軽く前に倒す×16回。上げている膝と反対側の肘をタッチ×16回。肘膝タッチを4カウントずつ行う×4回。脚の動きを左右1回ずつに戻し、上げている脚の外側に両手を振る×16回。この動きにホップを入れる×16回。さらに、上げている脚を反対側の手を天井側に伸ばす×16回。この動きにホップを入れる×16回。

(ポイント)おへその下に力を入れ、バランスをとりながら行いましょう。

4:サイドの脚上げ(各動き、左右共に行う)

つま先で床をタッチしながら息を整えたら、軸足を軽く曲げ、反対側の脚を横に上げる×8回。両手を体の前に伸ばし、片脚ずつ脚を横に上げる×16回。両手を後頭部に当てて片脚ずつ脚を横に上げる×16回。上げている脚に肘を近づけながら側屈×16回。

(ポイント)ウエストラインから脚を伸ばすイメージで脚を横に上げる。

5:深呼吸

つま先で床にタッチしながら呼吸を整える。手足をブラブラと動かし、力を抜いてから脚の動きを止めて深呼吸×4回。

教えてくれたのは…山本華子さん

ヨガ&心身のフィットネス講師。日本女子体育短期大学ダンス科卒業後、フィットネス講師として活動。30歳でヨガ講師に転身。2006年、音楽・ヨガ・フィットネスを融合させたミュージックフローヨガ®️を考案。今年6月、東京・新桜町に「studio MUSIC FLOW YOGA」をオープン。これまでの経験と幅広い知識を生かしたレッスンが人気。著書に『1week self-care book』(Discover21)など。様々なセルフケア法を紹介するYouTubeチャンネル「FIT&LOW」も好評。

text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する