「自粛太り」からの復活なるか? 1か月半で2kg増のヨガ講師が今やっている引き締め術

Adobe Stock

「自粛太り」からの復活なるか? 1か月半で2kg増のヨガ講師が今やっている引き締め術

高木沙織
高木沙織
2020-05-08

「自粛太り」「コロナ太り」「Stay Home太り」……。不要不急の外出を控えた生活も2か月近くが経とうとしています。体型の変化が顕著にあらわれ始めてきたという人は少なくないでしょう。運動不足や溜まっていくストレスによるコントロールできない食欲。それはヨガインストラクターである筆者も感じています。現に、1か月半で2kgほど太りましたから。 ですがそろそろ、自粛が明けたあとの生活に戻る準備を始めなくては! そのために今、やっていることをお伝えしましょう。

1.ヨガレギンスで過ごす

家で過ごす、それも人と会わずに。

そんな毎日でも、最初のうちはパジャマから着替えて過ごしていたのでは? それも最近では、「今日はこのままでいいや」「楽な服装が一番」と次第に気持ちが緩んできているのは筆者だけではないはず! なんとかパジャマから着替えたとしても、ゆったりとしたスウェット生地のワンピースやウエストのゴムが伸びきったいつから履いているのかわからない部屋着のボトムス姿だったり。

このような服装だと、体はとーっても楽ですよね、ですがその楽さゆえについダラダラ。たくさん食べても苦しくないし、いつでもゴロゴロできちゃいます。

もし、今そのような服装をしている人がいたら、手持ちのヨガレギンスに着替えてみて。ヨガレギンスは、体型の変化をこれでもかというくらい思い知らせてくれるから。太もも? お尻? ウエスト? どこがキツく感じたかで自分の体の現状を把握しましょう。だって、それを履いてレッスンをしていたときは、ジャストサイズもしくはほんの少し締め付けがある程度だったはずだから。

それに、ヨガレギンスで過ごしていれば思い立ったときにすぐヨガやストレッチができますよ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「自粛太り」からの復活なるか? 1か月半で2kg増のヨガ講師が今やっている引き締め術
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する