"コロナ時代"にヨガを教えるための心得

photo by anon/Adobe Stock

"コロナ時代"にヨガを教えるための心得

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、イベントは次々と中止になり、収入が断たれる恐怖は増すばかりだ。それでもヨガを教え続け、社会全体の健康を守り、将来に希望を見出すための10の方法を紹介しよう。

多くの人々と同じく、私はフリーランスでサービス産業に属している。 既に、準備していたイベントのうちの4つが中止された(さらに増える?!)。これは精神的にかなりきつい。今後は自分が正当に評価される場で、理解し合える人と仕事をしていこうと自分自身に誓った矢先にこうなってしまったからだ。率直に言うと、2020年はあえて収入が減る選択をしたところにコロナウィルスの感染拡大が起きたのだ。参加を決めていたイベントは相次いで中止に追い込まれた。他の多くの人たちと同様に、それに代わる仕事などない。自分でヨガを教える人生を選んだものの、私はいま死ぬほど怯えている。

3つめのイベントの中止が決まったあと、私は思い切って休むことにした。料理をしたり、気分が落ち着くプレイリストを作ったりして一日を過ごした。他の人を助ける前に、まずは自分が酸素マスクをつけるのと同じだ。私はヨガに没頭し、練習から得られる恵みを求めた。

ヨガでパンデミックを乗り切る

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大(パンデミック)は、私たちに大きな警鐘を鳴らしている。誰一人として例外はない。伝染性の高い呼吸器疾患を引き起こすコロナウィルス(別名COVID-19)は、(その影響については個人差があるものの)相手を選ばない。このパンデミックに伴い、人々の間で恐れやパニック、不安、ストレスが高まっている。どれもヨガを実践する理由としておなじみのものばかりだ。

ここでヨガティーチャーやスタジオオーナーたちが「世界は今まで以上にヨガを必要としている」と声高に言うのは簡単だろう。だがこの瞬間に一番必要とされているのは、私たちができるだけ家にいることだ。この新型コロナウィルスはとにかく新しい存在なのだ。感染力を持つ無症状患者がどれだけいるかもわからない。ヨガ練習生が参加するヨガクラスやフェスティバルなどのイベントは、暖かくて湿度の高い場所に密集して行われることが多い。その環境下ではウィルスが湿気で集まり、表面につきやすくなる可能性がある。何が感染のきっかけになるかを見極めるには、まだ知らないことが多すぎる。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する