「生徒に必要なものを理解する」レッスンのために大切なこと

Getty Images

「生徒に必要なものを理解する」レッスンのために大切なこと

櫻井麻美
櫻井麻美
2020-04-15

グループレッスンの場合、様々な生徒さんがいらっしゃいます。一人一人のコンディションや、体の特徴が違うのは当たり前ですが、相手に合わせたレッスンを提供できていますか?同じアドバイスがだれにでも当てはまるとは限りません。どのようにレッスンを展開していけばいいのでしょうか?

人の体は十人十色

ヨガのクラスごとに、参加者のある程度の属性が決まっているとはいえ、様々な生徒さんがいらっしゃいます。同じレッスンの中に、シニアで運動歴があまりない方と、スポーツマンの若い方がいることも…シニアの方に合わせたインストラクションをしてしまうと、スポーツマンの方は物足りなくなってしまうかもしれませんし、反対にスポーツマンに合わせたインストラクションはシニアには負荷が高すぎるでしょう。

同じレッスンを提供するとしても、その人その人の体の状態に合わせたインストラクションをしなければ、誰にでも満足できるレッスンにはなりません。そのためには何が必要なのでしょうか?

まずは相手の状態を知ることから

大前提なのは、ケガや病気などを確認しておくことです。レッスンに安全に挑んでいただくために、お互いに確認しておきましょう。

今までにレッスンを受けたことがある生徒さんなら、ある程度の状態はわかるはずです。新しくお会いする生徒さんには必ずコミュニケーションをとり、ヨガ歴やスポーツ歴などの情報を聞いておいた方がよいでしょう。

そういった事前情報のほかに、レッスンをしていく中で生徒さんをしっかり観察しましょう。進行や段取りだけを考えていると視野が狭くなります。必ずいつでも生徒さんがどんな動きをしているか、どんな様子なのかを把握しましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する