悲しみをうまく乗り越え、人生に変化をもたらす3つの戦略

Getty Images

悲しみをうまく乗り越え、人生に変化をもたらす3つの戦略

認定死別カウンセラーで「Wild Mercy: Living the Fierce and Tender Wisdom of the Women Mystics」の著書であるミラバイ・スター。彼女の主催するリトリートに参加した筆者が学んだ、悲しみや喪失を乗り越え、それらを糧にする方法とは。

ある日の午後コーヒーを飲みながら、友人にミラバイ・スターの著書「Wild Mercy: Living the Fierce and Tender Wisdom of the Women Mystics」を既に読んだかどうか尋ねられました。スターさんの初の著書であるDark Night of the Soul(16世紀のスペインの神秘主義者で詩人の聖ヨハネの十字架によって書かれた詩)の新訳書は、彼女の14歳の娘が交通事故で亡くなったその日に発売されました。

今日、スターさんは、瞑想の実践や悲しみや喪失を乗り越え、糧にする力について世界中を飛び回り、講演を行っています。認定死別カウンセラーである彼女は、哀悼者たちが喪失の経験を糧にできるよう手助けをしています。友人からの質問に対して私の答えは「ノー」。まだ「Wild Mercy」は読んでいませんが、すぐにそのタイトルに心惹かれました。

今の時代、私たちの多くが、愛する人を失ったり、裏切りにあったり、うまくいかなくなったり、家族との別離を経験したり、と問題を数多く抱えているように思います。−そして私を含めて、多くの人が「Wild Mercy」からヒントをもらえることでしょう。

過去5年間、私は上記の問題すべてに加え、Janという最愛の叔父を亡くしました。叔父とは亡くなる1〜2年前から連絡をとるようになりました。それ以前の数十年間はほとんど連絡を取り合うことはなかったのですが、ただ血が繋がっているだけでなく、とても気が合いました。彼は才能溢れた詩人であり、私たちには精神的な共通点がありました。私たちは共に家族のはみ出し者で家族に誤解されていました。

私たちはそれぞれアルコール依存症を1年間かけて回復したばかりで彼が亡くなる少し前にそれぞれの体験談をシェアするようになりました。久しぶりにつながって以降、彼は毎日私に電話をしてくるようになりました。彼は私の詩に耳を傾け、私の書いた文章を読み、精神的な話を私に語ってくれました。私の叔父の死とその他いくつか最近起こった喪失の経験は、自分の人生に生涯に渡るトラウマと複雑な悲しみをもたらしました。簡単にそれらを消し去る方法は存在しないと思いました。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ケリー・トンプソン リトリート
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する