心と体に「ゆとり・スペース」を!ヨガで心の不安定を防ぐために心がけたいこと

Photo by Katee Lue on Unsplash

心と体に「ゆとり・スペース」を!ヨガで心の不安定を防ぐために心がけたいこと

ヨガに期待する効果は人それぞれですが、気持ちを穏やかにリラックスさせることでストレスを解消したい、心を安定させたいと思っている人も多いことでしょう。その効果をより感じられるために心がけておきたいポイントをご紹介します。

環境を整えよう

クラスに参加する場合

前が良く見える、周りに十分スペースがあるなど自分にとって快適な場所を選びたくなるのは自然なことですが、周りの人も同じように確保できているでしょうか?他の人への気配りができる心のゆとりを持ち、心地良い環境づくりをしましょう。

おうちヨガの場合

マットを置いた場所の周りは片付いていますか?短い時間でも自分がその場にいて落ち着ける環境を整えましょう。お気に入りの香りや音楽を選ぶのも良いでしょう。

心にゆとりを

今を意識

マットの上では今ここにいる自分だけに意識を向けて、心の中にスペースを作りましょう。過去のことを考えてもその過去は戻らないし、先のことを考えてもまだその先のことはやって来ていません。余計な考え事に邪魔をされないように。

呼吸

常にゆったりとしたなめらかな呼吸を心掛けましょう。息を吐く時は肺にスペースをつくるつもりで丁寧に、吸う息では胸だけでなく背中も広がる様子を感じながら表面にスペースをつくるようなつもりで。ポーズをとっていると呼吸のペースが早くなったり、止まることは良くありますがそれに気がついたら元のペースに戻せばOK。

mindfulness
Photo by Xevi Casanovas on Unsplash

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

mindfulness
spine
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する