【ヨガ動画】人気ヨガモデル・里見 茜さんみたいな腹筋になれる!?ボディメイク・ヨガ

Kenji Yamada

【ヨガ動画】人気ヨガモデル・里見 茜さんみたいな腹筋になれる!?ボディメイク・ヨガ

2019年10月「BEST BODY JAPAN」関東大会に出場し、見事グランプリを獲得した里見 茜さん。ヨガインストラクター、モデルとして活躍している茜さんのインスタには、ボディメイクに役立つヒントがいっぱいです。今回は、茜さんが投稿した、ボディメイクに効くインスタ動画をご紹介。また、美しい筋肉をつくるコツも伺いました!

 お腹を内側から呼吸で刺激! 座ってできる「おうちヨガ」post

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

里見茜(@satomiakane)がシェアした投稿 - 2019年12月月10日午前5時16分PST

ボティメイクに効くポイントは、茜さんのように座った状態でもしっかり骨盤を立て、丹田を意識しながら深い呼吸を繰り返すこと。「吸う」「吐く」のリズムに動きを合わせると、代謝がさらにアップします! 短時間で肩、肩甲骨、股関節、脚全体と、体中の巡りが良くなるスペシャルメソッドです。
インスタのキャプション部分では、茜さんが詳しい動き方のポイントを解説してくれていますので、合わせてcheck♡

茜さんも実践! 産後の「ゆるダイエットヨガ」post

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

里見茜(@satomiakane)がシェアした投稿 - 2019年 5月月20日午後6時29分PDT

産後に体形や体重を戻したいときに茜さんが注意したことは、「骨盤位置の矯正」「全身をバランスよく強化」することだそう。また、体に負荷をかけすぎないように、少しずつ始めていくことが大切だといいます。たとえば、背中まわりを意識したストレッチや、ダウンドッグなどが最適。これなら隙間時間でできそう!

茜さんにボディメイクのコツを伺いました!

女性が憧れる、茜さんのボディづくりのコツは「ストレッチで体のバランスを整え、トレーニングで筋肉を強化し、鍛えた筋肉をヨガで調整すること」だといいます。
「体がゆがんだまま筋トレをするとアンバランスな鍛え方になり、ゆがみを助長することに。また、鍛えるだけでは収縮したまま硬くなり、筋肉の老化を早めてしまいます。そのため、筋トレ後はヨガでゆるめるのが必須。この3つをセットで行い、全身バランスよく、柔軟な筋肉を育てることを心がけています。
特に意識して鍛えているのが骨盤底筋。この筋肉がゆるむと支えを失った内臓が下垂し、それに伴い姿勢が崩れます。私も産後にお腹の脂肪がなかなか取れず、骨盤底筋がゆるんだことを実感。運動時には常に膣を締め、鍛えています。姿勢がよくなるとヨガのポーズのバランスが整い、スタイルアップにもつながります!」
(『ヨガジャーナル日本版』vol.67より抜粋)

教えてくれたのは…里見 茜さん
モデルとして活動後、2014年に全米ヨガアライアンス認定RYT200を取得。現在、人気インストラクター、モデルとしてイベントや各メディアにて活躍中。「プールSUPヨガインストラクター」「ベビトレヨガ」「乳幼児教育アドバイザー1級」の資格も持つ。

 

text by ヨガジャーナル編集部

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する