幸せの連鎖を自分から!周りに元気を与える3つのヨガポーズ

Photo by Radu Florin on Unsplash

幸せの連鎖を自分から!周りに元気を与える3つのヨガポーズ

山下恵
山下恵
2020-01-27

「なんとなくこの人に会うと元気をもらう!」という経験ありませんか?それだけ私たちはお互いに影響し合って生活をしています。周りに与えたエネルギーは鏡のようにまた自分自身に返ってきます。今回はそのいい循環を作るためのヨガのポーズをお伝えします。

「元気をもらう!」には科学的メカニズムがある

「なんとなくこの人に会うと元気になるんだよなぁ」…そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

この「なんとなく」には実はメカニズムが存在すると言われています。

ある論文の発表によると、私たちの心臓は体の中で最も大きな電磁波を作っており、その電磁波は1〜2m離れた場所でも計測が出来るそうです。そしてその電磁波のリズムが周りの人にも影響を与えるというのです。

また今までは脳だけが感情を司るとされていましたが、ポジティブな感情は心臓のリズムを規則正しくし、それが脳のα波(リラクゼーション、ストレス抑制の脳波)とシンクロさせるそうです。

つまり、ポジティブな感情は自分自身を癒し、同時に周りの人をも癒すのです。

心臓に位置するアナハタチャクラ

ヨガの中でも心臓が存在する位置には大きなエネルギーが存在するとされています。それは「アナハタチャクラ」といい、愛を司るエネルギーが存在している場所です。身体の中心に位置している為、他のチャクラ(エネルギーのスポット)のバランスをとってくれるところでもあります。

このチャクラのバランスが崩れていると、自分自身を愛したり、周りの人や物を愛するのが難しくなります。アナハタチャクラを整えることによって得られる無条件の愛の意識は、人をポジティブにし、物質的な世界と精神的な世界を調和させてくれます。科学的にも、エネルギーワーク的にも、心臓(アナハタチャクラ)を整えることは、自分自身にも周りの人にも元気を与えてくれることに繋がるのです。

Text by Megumi Yamashita

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ウシュトラーサナ
ゴムカーサナ
セツバンダーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する