50歳からの「猫背&ガチガチ背中のこり」に効くポーズ

photo by Sayaka Ono

50歳からの「猫背&ガチガチ背中のこり」に効くポーズ

まだまだ肌寒いこの時季、ギュッと体が縮こまり猫背気味になってしまいがち。さらにパソコンなどのデスク作業やスマホにより背中がガチガチに。そんな状態のまま年齢を重ねていくと腰が曲がった姿勢になってしまうかも……。そこで、猫背と背中のこりを解消するヨガポーズを人気ヨガインストラクターの峯岸道子先生に教えてもらいました。

肩甲骨を寄せるポーズで背中の丸まりを改善

肩が前に出て、左右の肩甲骨が離れた状態で硬くなると背中が丸まります。肩甲骨を内側に寄せるポーズで解消しましょう。背中全体の筋肉のこわばりがとれるため、背中のこりも気持ちよく解消できます。まずは肩の動きをなめらかにして内側に寄せやすくする準備体操から行いましょう!

ポーズ前の準備体操

1.肘を伸ばして腕を付け根から外側に回す→内側に回すのを5回くり返す。肩が上がらないように気をつけて。

a
photo by  Sayaka Ono
a
photo by  Sayaka Ono

2.背後で手首を合わせて両手をつなぐ。両手を持ち上げ、斜め下に2回引っ張る。キツい人は手首を離してOK。

A
photo by  Sayaka Ono
A
photo by  Sayaka Ono

photos by Sayaka Ono
hair&make-up by Kyoko Suzuki
text by Minako Noguchi
ヨガジャーナル日本版『体が硬いひとのためのヨガ&ストレッチ』掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

A
A
A
A
A
a
a
50歳からの「猫背&ガチガチ背中のこり」に効くポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する