辛い気持ちを乗り越えるための呼吸法

YJ US

辛い気持ちを乗り越えるための呼吸法

ROSE ELLIOT
ROSE ELLIOT
2018-01-21

マインドフルネスのやり方で呼吸をしてみよう

まずは目を閉じる。マインドフルネスのやり方で呼吸をしてみよう。空気が入ってくる。鼻孔を通り、体のなかへ。そして鼻から出ていく。


息を吸うときに「吸って、私がいま味わっている感情を鎮める」と言う。息を吐くときに「吐いて、私がいま味わっている感情を鎮める」と言う。


感情を感じることを自分に許す。感情をそこに存在させるのだ。入ってくる息、出て行く息にたいして意識を開く。このことにだけ集中する。吸って、吐いて…。


呼吸がただ自然となされるに任せ、決してコントロールしない。ただそれに気づくだけにする。


吸う息と吐く息のことだけを考える。それが自分の息にたいしてマインドフルになるということだ。吸う息と吐く息のことに気づき続ける。息が自分を穏やかにするのを感じる――心地よくしてくれることを、慈しんでくれることを感じる。呼吸がもたらしてくれる平安を感じる。


マインドフルネスという、この心のなかの平安に、あなたの心を悩ませるものはみな、明け渡してしまおう。問題を手放すのだ。


息をし続ける。吸う息と吐く息とに意識を向けながら。


さまざまな感情や心配事でまた頭がいっぱいになってしまったら、吸う息と吐く息を感じ、それに意識を向けるというこのプロセスを繰り返す。そして頭を自分の息のことだけで満たすのである。


感情や悩み事が舞い戻ってきてしまったときにはいつでも、それらが次第に消え去るまで、このプロセスを丁寧に繰り返し続ける。これこそがマインドフルネスのもつ治癒力である。


なにか問題が生じたとき、マインドフルになってみて欲しい。そしてマインドフルネスの自己に、その問題を明け渡すのだ。きっと上手くいくと思えるようになる。誰かとの、あるいは何かとの、思いもかけない出合い。ひらめき。新たな方向性の開け。そういったものが、いつのまにか憂鬱な気分から引っ張り出してくれるかもしれない。自分の取り組んでいるプロセスを信じ、マインドフルネスの持つ癒しの力に任せてみよう。

 

  • 3
  • /
  • 3

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する