「連休明けの仕事が億劫…」にならないために|「連休明け前3日間」の過ごし方

Getty Images

「連休明けの仕事が億劫…」にならないために|「連休明け前3日間」の過ごし方

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-05-03

平成から令和に代わる2019年最大の連休、ゴールデンウィーク。今年は新元号への切り替えや10連休と日本中が祭り騒ぎですね。その一方、長い休みは嬉しいけど、連休明けの仕事がイヤになりそう…と心配も膨らんでいませんか?連休明けにスムーズに仕事に戻るには、連休明け前の過ごし方を工夫していきましょう。

休み明けのメンタルケア

連休明けの仕事は、ペースをつかむが大変。スムーズに5月のスタートを切るには、仕事の整理とともに連休が明ける前に生活のリズムを整えるのも大切です。

1 連休明けのスケジュールは詰め込みすぎない

「いつまで休み気分が抜けないんだ!」と怒られそうですが、長い休み明けにペースをつかんでいくのは、「1週間はかかる」と覚悟して、仕事の調整をしておきましょう。休み明けからハイペースに動かなければならない予定を組んでおくと、身体的にも精神的にもつらくなってしまうでしょう。長い目をもって、未来の自分に優しくしておくことが大切です。

2 朝起きる時間を整えていく

連休明けの3日前、5月4日土曜日くらいから、朝起きる時間を通常の生活に戻していきましょう。寝貯めはできないと良く言われるように、休日によく休んでいたからと言って休み明けは気力体力ともにフル充電になっているわけではありません。また、たった2日間朝起きる時間を遅くするだけでも、通常のリズムに戻るまでに3日はかかるともいわれています。休み明けを無理なくスタートするには、5月4日以降の朝の過ごし方、特に起きる時間をいつも通りに戻していきましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する