明日から相手との会話が怖くなくなる!コミュニケーションをスムーズに変化させるスキルとは?

Getty Images

明日から相手との会話が怖くなくなる!コミュニケーションをスムーズに変化させるスキルとは?

南 舞
南 舞
2019-04-29

人間関係には、自分と合う人だけではなく、あまり話したことがなかったり、苦手な人との関わりも付きもの。そんな時に覚えておくと便利なコミュニケーションスキルを臨床心理士である筆者がお伝えします。

ヨガスタジオやヨガイベントなどの多くの人が集まる場所では、普段からよく話をする人もいれば、あまり話したことがなかったり、「自分とは合わなそうだな」と感じる人もいるでしょう。しかし、同じコミュニティにいる以上は、話をしなければいけない場面があったり、せっかくだから仲を深めたいと思う人もいるのではないでしょうか。そんな時に覚えておくと便利なのが【クローズド・クエスチョン】と【オープン・クエスチョン】です。

クローズド・クエスチョンとは?

【クローズド・クエスチョン】とは“閉ざされた質問”とも言われ、イエスかノーでこたえられる質問を繰り返していくコミュニケーション法です。例えば、「今日は暑いですね」「そうですね」と言うように、イエスかノーかでシンプルにこたえられる質問であれば、聞く側も答える側も簡単に会話を進めることができます。なので、あまり話したことがない人だったり、苦手だと感じる人とでも、距離を近づけていくのにぴったりなコミュニケーションスキルです。

オープン・クエスチョンとは?

クローズド・クエスチョンの逆のコミュニケーションは、【オープン・クエスチョン】です。”開かれた質問”とも言われ、会話が弾んできてさらに一歩相手との距離を深めたい時、逆に質問が尽きてしまって間が持たない時にオススメの方法です。例えば、「○○はどうですか?」「△△についてはどう思いますか?」など、相手が自由にかつ具体的に答えられる質問です。相手が自由に自分のことを話せるので、ついつい本音が漏れるなんて効果も期待できますね。

この2つの質問をうまく駆使すれば、より会話も弾み、相手との距離も少しずつ縮まっていくことでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する