「なんとなく不調」を解消!生活の質をあげる快眠生活始めよう

BIGSTOCK

「なんとなく不調」を解消!生活の質をあげる快眠生活始めよう

須藤玲子
須藤玲子
2019-03-26

季節の変わり目はバランスを崩しやすく、ちょっとした不調を感じることが多い時期です。これといった原因もなく、普段と同じ生活をしているつもりなのに、いつもより疲れやすかったり、気持ちが不安定になったりなど、どこか思い当たることはありませんか?

病院に行くほどではないなんとなく不調が続く時には、まず基本的な生活を見直すことをおススメします。今回は特に生活の中で占める割合の高い睡眠にフォーカスしてみましょう。睡眠の必要性、よりよい睡眠がもたらす効果とはどんなことでしょうか?

なぜ睡眠が必要なのか

食事に気を使い、身体によいものを取り入れる努力をする人はたくさんいます。ヨガを長く続けていくと自然にナチュラルな食べ物を好むようになったりすることも珍しいことではありません。自分が本当に必要なものを大切にするヨガの教えからくるものかもしれません。食べたもので身体が作られるのと同様に、快適な睡眠も健全な身体と心を作るためには必要不可欠な要素です。

寝ている間も私たちの身体の中では生きる上で大切なホルモンが作られたり、エネルギーを蓄えたり、ストレスや疲労で弱ってしまった部分の修復をしたりなど、身体と心のメンテナンスが続いているのです。寝不足が続くと肌が荒れる、胃腸の調子が悪くなる、やる気がなくなるなど、感じるのはそのためです。また、記憶を脳に擦り込む作業も寝ている間に行われると言われています。

睡眠が十分にとれないと疲れが取れないだけでなく、記憶力にも影響が出てくる可能性があるのです。仕事や勉強の効率化を図るなら、睡眠時間を削って頑張るより、睡眠をきちんと取る方がよいのかもしれません。

快眠へのアプローチ

睡眠の大切さが理解できたら、今度は質の良い睡眠をとる努力をしてみましょう。質の良い睡眠=快眠のために気をつけたいことを挙げてみます。自分の生活と照らし合わせながらチェックしてみましょう。

睡眠時間

一般的に7~8時間の睡眠をとることがよいとされていますが、何かと忙しい日々を送る現代人にとっては難しいこともあると思います。時間は目安であり、個人差も当然存在します。自分にとってベストな睡眠時間はきっと自分が一番よく知っているはず。自分にとって最適な睡眠時間を確保できるように心がけましょう。質のよい睡眠であれば時間に満たなくても支障が出ることは少ないと思われます。

生活のリズム

健全な身体と心を作るためには過度のストレスがない規則正しい生活を送ること大切であり、もちろん快眠のためにも同様です。バランスのよい食事を規則正しくとり生活のリズムを整えること、睡眠時間についても、休日に寝だめをしようとするのではなく、日々規則正しい睡眠時間を保つように心がけましょう。時間が不規則になることが多い人もいるかもしれませんが、なるべくリズムを乱さないようにすることが大切です。忙しさのあまり、自宅に仕事を持ち込み、寝る直前までPCに向かうようなことはおススメできません。オンとオフの切り替えはできる限り明確にすること。本来、人は夜明けとともに目覚め、日没とともに床につくことを基本としていました。現代においてこのような生活をすることは一般的ではありませんが、目覚めたら朝日を浴び、夜は遅くても深夜0時には電気を消し布団に入るようしましょう。

アルコール

適度なアルコールは身体と心をリラックスするのに効果的です。血行が良くする働きもあります。また、楽しいお酒の場は、おいしい食事と同様に疲労感やストレスの解消にも効果的で、円滑なコミュニケーションにも多いに役立ちます。でも、飲み過ぎや寝る直前まで飲み続けることはおススメしません。寝つきがよくなるように思われがちですが、実は浅い睡眠を引き起こす原因になることが多く、途中で何度も目が覚めてしまったり、いつもより大分早い時間に起きてしまったりすることがあるのです。質のよい睡眠をとるためには適度な量と飲む時間帯にも気をつけましょう。

運動

快眠するためには、適度な運動も効果的です。夜の時間帯なら、ストレッチやヨガなど軽めに身体を動かすことをおススメします。程よく身体を動かすことで固まった筋肉をほぐし、血行がよくなり、疲労回復に効果的です。また、リラックスにも効果的で深い眠りに導いてくれます。寝つきが悪い、眠りが浅いと感じる人は軽い運動を取り入れてみましょう。その日の疲れはその日のうちに手放して、明日に持ち越さないようにしましょう。

快眠の効果

日々、快眠できるようになると身体や心にいろいろな変化を感じることがあります。それはヨガをした時に感じるような自分にしかわからない些細なことかもしれませんが、うれしい変化であることに違いないでしょう! 例えば、

●朝スッキリ目が覚めるようになる
●仕事や勉強に集中できるようになる
●やる気が出て気持ちが前向きになる
●身体と心が元気になる
●ストレスが減る
●肌の調子や身体の調子がよくなる
●メリハリのある生活ができるようになる
●毎日が楽しくなる

睡眠は生きるために必要不可欠なものです。寝ている間にも身体の中ではいろいろなことが起きています。そして質の良い睡眠の効果はまだまだたくさんあり、QOL(quality of life)の向上=生活の質の向上につながっていくものです。どうせなら質の良い睡眠をとりましょう!健全な身体と心のために今日から快眠に導く生活をしてみませんか?

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTTリストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する