嫌われることが怖くて自分が出せない|心に効く“ヨガ哲学の処方箋”

BIGSTOCK

嫌われることが怖くて自分が出せない|心に効く“ヨガ哲学の処方箋”

谷戸 康洋
谷戸 康洋
2019-03-11

ヨガジャーナル本誌で『漫画で読むヨガ哲学』を監修している谷戸康洋先生が、悩めるヨギに向けて送る“ヨガ哲学の処方箋”。連載形式で、ヨガ哲学の学びから考える、こころのメンテナンス法を学びます。今回は「嫌われることが怖くて自分が出せない…」という悩みに向き合います。

誰にでも好かれようとしていませんか?

人間に限らず、生き物は孤独という寂しさにストレスを感じます。他者との交流がなければ、生きていくことも難しいでしょう。誰でもすすんで嫌われたくはありませんし、できるものなら好かれていたいものです。誰にでも好かれようとしていたら、それは大きなストレスとなります。人気のアイドルでも俳優でも、100人中100人に好かれることは無理でしょう。

100人いたら1人でも、自分のことを好きになってくれる方ができたらミリオンヒットになります。ミリオンヒットというと、まるで国民のほとんどが知っていて、みんな持っているように感じますが、実際は100人に1人なんです。1人でも自分の心から信頼できる家族、友達、恋人、先生、仲間がいることはとても幸せなことですね。しかし、嫌われることを恐れて、自分の気持ちに嘘をついたり、本当の気持ちを隠していると、いつの間にか、自分でも本当の気持ちがわからなくなってきてしまいます。会う人により、自分を変えることはあると思うのですが、合わせすぎていて、自分を出さないでいると、自分でも自分の本心がわからなくなってきてしまいます。他人からすると、何を考えているのか、よくわからない人になってしまいます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する