ヨガ初心者の疑問を解消!ヨガスタジオの選び方、持ち物、継続する秘訣は?

Nanayo Suzuki

ヨガ初心者の疑問を解消!ヨガスタジオの選び方、持ち物、継続する秘訣は?

これからヨガスタジオに通おうとしている方、必見! ヨガスタジオの選び方や、持ち物、気を付ける点や継続の秘訣まで、気になる疑問に人気ヨガインストラクターがお答えします。

Q1:スタジオに持っていくものは?

A:タオルと水があればOK

「レッスン中は汗をかくのでアーサナに集中するためにも、顔や体の汗を拭くタオルを持っていきましょう。また、汗をかくと体の水分が失われます。水分補給の水も忘れずに」(ヨガインストラクター 里見 茜さん)

タオルと水
Photo by Shoko Matsuhashi

Q2:覚えておきたい用語は?

A:ドリシュティ

「“ドリシュティ=目線”は、アーサナや瞑想の説明で使われることが多い用語です。覚えておくと、大事なポイントで戸惑うことなく、しっかり視線を定めることができ、アーサナの効果をきちんと得られます」(ヨガインストラクター 鈴木伸枝さん)

A:チャクラ

「私自身、レッスンでよく使うのがチャクラです。アナハタ、マニプラなど、名前と場所を覚えておくと効果がわかりやすいと思います。自分の知識と感覚で理解できると呼吸に集中しやすく、ポーズがより深まりますね」(ヨガインストラクター 京乃ともみさん)

Q3:ヨガマットってどう選べばいい?

A:手足が滑らないものを選んで

「グリップの効きが良く、ポーズをとる時に手足が滑らないマットを選んで。楽しくヨガを行うには、好みのカラーや柄を選ぶことも大切。スタジオへの持ち運び用には、滑りにくく薄めのタイプが使いやすいですね」(ヨガインストラクター 鈴木伸枝さん)

ヨガマット
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Minako Noguchi
Illustrations by Nanayo Suzuki
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

タオルと水
ヨガマット
イラスト
イラスト
イラスト
イラスト
イラスト
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する