「ポーズ中に呼吸が苦しくなるのはどうして? 」の疑問を解決!

BIGSTOCK

「ポーズ中に呼吸が苦しくなるのはどうして? 」の疑問を解決!

ヨガのポーズ中に無理な体勢を維持するあまり、呼吸が苦しくなっていませんか? 気道が広がる姿勢のポイントを、一流アスリートにも呼吸法や瞑想を指導しているシュミッツ・千栄子先生が教えてくれました!

Q.ポーズ中に呼吸が苦しくなるのはどうして? 

A. 背骨を曲げて無理にポーズをとっているから。心地よい呼吸を優先してポーズをとるようにしましょう。

無理にポーズをとって背骨が曲がり気道が狭まると、呼吸は必ず苦しくなります。気道が広がる姿勢のポイントを覚えて、心地よい呼吸にリードさせてポーズをとるようにしてみましょう。

気道が広がる正しい姿勢のとり方

HOW TO

1.蓮華座安楽座で座ったら、坐骨を両手で後ろに引いて骨盤を立てる。

シュミッツ千栄子
安楽座/Photo by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)

 

NG:背中が丸まり肩の力を抜けずにガチガチ。

安楽座のNG
安楽座のNG/Photo by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)

 

NG:あごも突き出し、首が詰まって気道は閉塞状態に。

安楽座のNG
安楽座のNG/Photo by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)

Photos by Naomi Meno(IIZUMI OFFICE)
Illustrations by Yoko Toyama
Text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

シュミッツ千栄子
安楽座
安楽座
安楽座
安楽座
安楽座のNG
安楽座のNG
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する