YOGA PEDIA|足の親指をつかんで伸ばすポーズから片足のサイドプランクポーズへのステップ

Rick Cummings

YOGA PEDIA|足の親指をつかんで伸ばすポーズから片足のサイドプランクポーズへのステップ

ヨガジャーナルアメリカ版から、毎回異なるポーズをご紹介する「YOGA PEDIA」。今回は、足の親指をつかんで伸ばすポーズ(ウッティターハスタパーダングシュターサナ)から片足のサイドプランクポーズ(エーカパーダヴァシシュターサナ) へのステップや軽減ポーズをご紹介します。教えてくれたのは、ノア・マゼヨガを起こしたノア・マゼ先生。

ウッティターハスタパーダングシュターサナとは

ポーズの由来:Utthita = 伸ばす hasta = 手 padangustha = 足の親指 asana = ポーズ
足の親指をつかんで伸ばすポーズ
ポーズの効果:足、足首、脚、腰、体幹を強化する。足首を安定させる。集中力、自信、バランス感覚を養う。

完成までのステップ

1. 両足を揃えてターダーサナ山のポーズ)で立つ。足の内側と外側をマットに均等に押しつける。背骨全体を引き上げる。前方を見て、両腕を体側で伸ばす。

2. 息を吐きながら、左脚を押し下げて、骨盤を右に回転させずに腰の右側をできるだけ外に向ける。左手を腰に持っていく。

3. 息を吸いながら、右膝を外側に曲げて引き上げ、右手の親指と人差し指で右足の親指をつかむ。左の膝頭を強く引き上げて大腿四頭筋を働かせ、膝をまっすぐ伸ばす。

4. 右膝を曲げたまま、右脚を90度の高さに上げる。骨盤または右太腿を右に回転させずにできるだけ引き上げる。お尻の右側を外旋させて骨盤を水平に保つ。上体を引き上げる。息を吸いながら、上体はまっすぐに保ったまま、右脚をできるだけ伸ばす。

5. 左脚の膝頭を引き上げ続けながら、左脚でしっかり立つ。腰の左側を正中線のほうに引いて筋肉を引き締め、骨盤を左に押し込めずにお尻の右側を外旋させる。腹筋を働かせ続ける。右の上腕を外旋させる。左手を腰に当てたまま前方を見る。この姿勢を5 ~ 8回呼吸する間保つ。

6. 息を吸いながら右膝を曲げ、息を吐きながら右手を離してターダーサナに戻る。反対側も同様に行う。

ウッティターハスタ パーダングシュターサナ
ウッティターハスタパーダングシュターサナ/Photo by Rick Cummings

 

NG:立っている脚のほうの腰に体重をかけないこと。こうすると、脚が正中線からずれてしまう。つまり、臀筋が働かず、腰の外側と骨盤が不安定になってしまう。

ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG
ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG/Photo by Rick Cummings

 

NG:上げている脚のほうに骨盤を上げすぎてはいけない。骨盤はできるだけ床と平行にしよう。骨盤が上がってしまうと、上げている脚が内旋して、ハムストリング、腰、骨盤が不安定になる。

ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG
ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG/Photo by Rick Cummings

Photos by Rick Cummings
Styling by Jessica Jeanne Eaton
Hair&make-up by Beth Walker
Translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.50掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ウッティターハスタ パーダングシュターサナ
ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG
ウッティターハスタ パーダングシュターサナのNG
ウッティターハスタパーダングシュターサナの軽減ポーズ
ウッティターハスタパーダングシュターサナの軽減ポーズ
ウッティターハスタパーダングシュターサナの軽減ポーズ
アルダナーヴァーサナ
ウッティタートリコナーサナ
アルダチャンドラーサナ
エーカパーダヴァシシュターサナへのステップ
エーカパーダヴァシシュターサナへのステップ
エーカパーダヴァシシュターサナへのステップ
エーカパーダヴァシシュターサナ
エーカパーダヴァシシュターサナのNG
エーカパーダヴァシシュターサナのNG
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する