YOGA PEDIA|ゴムカーサナからプルナマツィエンドラーサナへのステップ

Rick Cummings

YOGA PEDIA|ゴムカーサナからプルナマツィエンドラーサナへのステップ

ヨガジャーナルアメリカ版から、毎回異なるポーズをご紹介する「YOGA PEDIA」。今回は、ゴムカーサナから プルナマツィエンドラーサナへのステップや軽減ポーズをご紹介します。教えてくれたのは、世界各地で 共にヨガの指導を行うリチャード・フリーマン先生。

ゴムカーサナとは

ポーズの由来:go = 牛 mukha = 顔 asana = ポーズ
牛の顔のポーズ
ポーズの効果:呼吸のパターンに意識を向けて、肩、腕、腰、脚の微妙な動きが楽にできるようにする。口蓋から骨盤底まで全身の調子を整え、全身への意識を高める。自分の内面を見つめ直すきっかけとなる。

完成までのステップ

1. 膝立ちの姿勢から、右脚を左膝の前に交差させる。右足の甲を左足首に並べるように床に置く。息を吐きながら、左右の太腿と足首を揃えたまま、足首の上に腰を下ろす。下腹部と骨盤底に意識を向けながら、呼吸の動きを観察する。

2. 静かに膝を見ながら、右手を右膝に当て、左手を右手の甲に重ねる。あご先を胸骨のほうに引き寄せて、息を吸いながら背筋をまっすぐ伸ばす。

3. あご、舌、口蓋を解放して、滑らかな呼吸を続ける。背中側の肋骨下部が呼吸の波に乗って広がっていくのに合わせて、胸部がふわっと浮き、左右の鎖骨が広がり、尾骨が沈んでいくのを感じよう。少なくとも10回呼吸する間この姿勢を保つ。

ゴムカーサナのステップ
ゴムカーサナのステップ/Photo by Rick Cummings

4. 息を吸いながら、頭を引き上げて徐々に後ろに傾けながら、首の下部を伸ばす。左肩を前に回転させ、左手のひらを外側に向けて背中に伸ばす。息を吸いながら、右腕を上に伸ばす。右肘を曲げて手先を下ろし、両手をつなぐ。

5. 左肩上部を後ろに回転させる。右肘を天井に、左肘を床に向けて、両腕を静かに逆方向に引っ張る。坐骨を床のほうに下げ、両脚をそっと絞って、上半身が両脚の土台の上に浮いているのを感じよう。舌とあごをリラックスさせて滑ら
かな呼吸を続けながら、呼吸の音に耳を澄ます。少なくとも5回呼吸する間この姿勢を保つ。

6. 息を吐きながらポーズを解き、脚を組み替えて、反対側を同様に行う。

ゴムカーサナのステップ
ゴムカーサナ/Photo by Rick Cummings

 

NG:手をつないだときに肋骨の前面を突き出してはいけない。胸椎にふれているほうの手により胸部が引き上げられて、背中上部が引き上げられて広がる感覚が生まれるはずだが、肋骨の前面を突き出してしまうとその感覚が失われてしまう。肋骨前面を突き出さずに、腰を広げ、尾骨を下げて前方に動かすことに意識を集中させる。肋骨前面を柔らかくし、骨盤底の中央部分を引き上げよう。

ゴムカーサナのNG
ゴムカーサナのNG/Photo by Rick Cummings

 

NG:胸部の中央を崩してはならない。そうすると、ポーズ全体が沈んで静的なものになってしまう。胸部を崩さずに、鎖骨を広げて両脚の支えの上に浮いているように座ろう。滑らかな呼吸を続けて、内なる静寂と安定を深めよう。

ゴムカーサナのNG
ゴムカーサナのNG/Photo by Rick Cummings

Photos by Rick Cummings
Models by Mary Taylor and Richard Freeman
Styling by Jessica Jeanne Eaton
Hair&make-up by Shelly Kamstra
Translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ゴムカーサナのステップ
ゴムカーサナのステップ
ゴムカーサナのNG
ゴムカーサナのNG
ゴムカーサナの軽減ポーズ
ゴムカーサナの軽減ポーズ
ゴムカーサナの軽減ポーズ
アルダバッダパスチモッターナーサナ
マリチャーサナC
パリヴルッタパールシュヴァコーナーサナ
プルナマツィエンドラーサナへのステップ
プルナマツィエンドラーサナへのステップ
プルナマツィエンドラーサナへのステップ
プルナマツィエンドラーサナ
プルナマツィエンドラーサナのバリエーション
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する