YOGA PEDIA|ヴィーラーサナからクラウンチャーサナへのステップ

Rick Cummings

YOGA PEDIA|ヴィーラーサナからクラウンチャーサナへのステップ

ヨガジャーナルアメリカ版から、毎回異なるポーズをご紹介する「YOGA PEDIA」。今回は、ヴィーラーサナから クラウンチャーサナへのステップや軽減ポーズをご紹介します。教えてくれたのは、ユニティー・ウッズ・ヨガセンターの創設者であるジョン・シューマッハー先生。

ヴィーラーサナとは

ポーズの由来:vira = 英雄 asana = ポーズ
英雄のポーズ
ポーズの効果:膝と腰の柔軟性を高める。足裏のアーチを形成している筋肉を調整する。足先から脚全体の血流を増やす。

完成までのステップ

1. 両膝を合わせてマットにつき、太腿を床に垂直にする。足は腰よりやや広く開く(足の甲や膝が痛む場合は、膝の下に薄いブランケットを敷くとよい)。つま先はまっすぐ後方に向ける。親指から小指まで指の付け根をよく広げる。10本の指の爪がすべて床についている状態が理想。

2. 膝を少し傾けて、上体を前傾させ、手をふくらはぎにおく。ふくらはぎの筋肉を膝から遠ざけるように引き、外側へ回転させる。お尻をさらに低くして床に下ろす。ふくらはぎの内側が太腿の外側に触れているようにする。

3. 手を膝におき、膝の皮膚をつかんで、太腿のほうに引き上げる。こうすると、膝にさらに空間がもたらされる。この姿勢を1 ~ 5分間保つ。

4. 腕をまっすぐ前に伸ばす。手のひらを合わせて指を組む。ここで手のひらを前に返して、息を吸いながら腕を頭上に上げる。このように腕を伸ばす動きを利用して、体側を上に伸ばす。すねと膝を押し下げて、鼠蹊部の内側を下げる。このまま30 ~ 60秒保ったら、腕を下ろして指の組み方を替え、同じ動きを繰り返す。

5. ポーズを終えるには、腕を下ろし、手を床におき、お尻を床から上げる。片方ずつ膝を引き上げて、足を順番に前にスライドさせて伸ばす。

ヴィーラーサナ
ヴィーラーサナ/Photo by Rick Cummings

 

NG:お尻を浮かせたり、膝の痛みを我慢したりしないこと。床に腰を下ろせない場合は、ブロックブランケットを利用しよう。

ヴィーラーサナのNG
ヴィーラーサナのNG/Photo by Rick Cummings

 

NG:膝の故障を防ぐために、足が内側に入ったり、外側に広がらないようにすること。

ヴィーラーサナのNG
ヴィーラーサナのNG/Photo by Rick Cummings

Photos by Rick Cummings
Model by John Schumacher
Styling by Jessica Jeanne Eaton
Hair&make-up by Beth Walker translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヴィーラーサナ
ヴィーラーサナのNG
ヴィーラーサナのNG
ヴィーラーサナの軽減ポーズ
ヴィーラーサナの軽減ポーズ
ヴィーラーサナの軽減ポーズ
スプタパダングシュターサナ
トリアンガムカイカパーダ パスチモッターナーサナ
ダンダーサナ
クラウンチャーサナへのステップ
クラウンチャーサナへのステップ
クラウンチャーサナへのステップ
クラウンチャーサナへのステップ
クラウンチャーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する