アイデアを形に!ヨガイベントを企画しよう

Getty Images

アイデアを形に!ヨガイベントを企画しよう

REIKO SUDOU
REIKO SUDOU
2018-11-12

ヨガインストラクターになって月日が経ち、スタジオでのレッスンに慣れてくると、いろいろなレッスンのアイデアが浮かんでくるもの。やりたいことはたくさんあるけど、時間や場所が限られた普段のレッスンではできないこともありますよね。この際だから独自のヨガイベントを企画してみませんか?せっかくのアイデアを無駄にしないで形にしてみましょう!イベントの作り方、成功のコツについてまとめてみました。

イベントの作り方1.イベントのテーマ・ターゲット・タイトル等を決める

テーマやターゲットに合うタイトルをつけましょう。告知用に目を引くような、キャッチフレーズも合わせて考えてみましょう

2.日時・場所・参加人数、参加費等を決める

レンタルスタジオやその他施設など、企画に合う場所を選びます。必要経費を考慮しつつ、気軽に参加しやすい曜日、時間帯、参加費を設定する。
※人脈やコネクションも大いに利用しましょう。賛同してくれるインストラクター仲間と一緒に開催するのもあり!

3.その他の詳細を決める

当日の流れ、レッスンタイムスケジュール、イベント案内文の作成、告知方法などその他詳細を決める。何人かでイベントを行う場合は役割分担をして担当を決めておくとよいでしょう。疑問点、成功に向けたよい方法があればその都度相談。協力しあってイベントを作り上げることも貴重な学びのひとつになります!

4.告知する(2ヶ月くらい前には第一弾の告知)

ホームページやSNSを活用する。また、チラシ作成など、参加者を集めるのに効果的な方法は、できることはなんでもやってみましょう。

5.繰り返し告知する

イベント直前になって参加者が増えることがあります。最初のうちなかなか集客できなくても、最後まであきらめず告知をがんばりましょう。

イベント成功のコツ

参加者にとって気軽な気持ちで、お試しやトライアル感覚で受けられるような料金設定に。その場の利益にこだわりすぎず、今後のステップのひとつととらえましょう。参加してくれた方には簡単なアンケートを実施したり、SNSでのつながりを持つこともおすすめ。後日メールやメッセージでのお礼はもちろん、レッスンのご案内をするなど、今後につなげていくことも大切です。参加してくれたみなさんへ感謝の気持ちを忘れずに、積極的に自身の活動を広げるきっかけを作りましょう。

いかがでしたか?一人で頑張りすぎず、不安な場合は仲間に助けを求めましょう。協力してくれる人はいっぱいいます。ヨガを愛する人たちと一体になってひとつのことを作り上げるのもまた、いい経験になるでしょう。参加するだけでなく、イベントを作る過程も楽しんでみませんか?あなたにしかできないイベントがきっとあるはずです!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する