足首を健全な状態に保つ4つのポーズ

Getty Images

足首を健全な状態に保つ4つのポーズ

JILL MILLER
JILL MILLER
2018-11-03

体のバランスを改善しながら、足首を強化・安定させる4つのエクササイズを紹介する。足首に意識を向けて丁寧に動かすことで、足首の機能性が高まり、けが予防に役立つ。

1.ヴルクシャーサナ(木のポーズのバリエーション)

足首
ヴルクシャーサナ(木のポーズのバリエーション)photo by  Joe Hancock   

片足で立つとバランスが改善され足首の安定性も増すので、片足で立つポーズを頻繁に練習するのは良いことだ。このヴルクシャーサナのバリエーションは、下腿、足首、足の動きの敏捷性を高めると同時に、上げている足にセンサーのような機能を与える (このセンサーが足首のぐらつきを察知して、その情報を足首に伝える働きをする)。 このバリエーションは、片足で立つのが苦手な人に特にお勧めだ。

HOW TO

左足で立ち、右足は左足首の内側に当てる。 右足を安定装置とセンサーにして、右足で左足の動きを感じ取る。左足がぐらついたときには、体幹部と呼吸をつなげながら、狙いを足首に絞ろう。 5~10回呼吸する間この姿勢を保ったら、 反対側も行う。

photos by Joe Hancock
model by Dayna Seraye
hair&make-up by Emily Choi
illustrations by Michele Graham
translation by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

足首
足首
足首
足首
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する