連載:ヨガと私の生きる道 Vol.1 「つながりを体現する」小野田貴代先生インタビュー

Takayo Onoda

連載:ヨガと私の生きる道 Vol.1 「つながりを体現する」小野田貴代先生インタビュー

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-10-14

―そこから養成講座に通おうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

小野田先生「『もっと知りたい』という思いからですね。ホットヨガに通っていたものの、自分のしているポーズが合っているかわからないし、ポーズの名前もいまひとつわからなくて。もっと勉強したいという気持ちが芽生えてきた時、どうせお金を払って通うのであれば、養成講座に通ってもいいかなと思い、通い始めました。インストラクターになろうという意気込みは全然なく、いつか仕事になればいいかなくらいの軽い気持ちでした。ですが、養成講座に通うなかで、ヨガの奥深さを学び、ヨガの良さというものを改めて実感。養成講座の卒業前からヨガクラスを自主的に開催したり、オーディションも受け始めていました。大学も『卒業見込み』で就職活動しますよね(笑)それと同じ感覚で、ヨガを仕事にするための活動を同時並行で始めていました」

―いきなり自主開催をするのは大変ではありませんでしたか?

小野田先生「最初は、地元の静岡に帰省するタイミングで、地元の友達を誘って公民館で自主開催していました。ダメならダメでいいかぐらいの気持ちでいたので『人が集まらなかったらどうしよう』といったような不安はそこまでありませんでしたね。地元はヨガスタジオも少ないし、ヨガをやったことがない人が多いので、初心者向けクラスから始めました」

―今も初心者向けのクラスをメインで行っていらっしゃるそうですね。その理由とは?

小野田先生「世界中で起きている震災を目の当たりにして、地元の人、身近な人に何かがあった時に、ちょっとした運動ができたら絶対にいいはず!と思ったことがきっかけです。エコノミー症候群や車中泊で何日も過ごしているという人のニュースを見聞きしていたので、ヨガ初心者の方にちょっと覚えて帰ってもらえたり、ちょっとしたタイミングでできるストレッチを持ち帰ってもらって、自分で自分を癒す方法を知ってもらえたらいいな、と。それが私のやりたいことだなと感じたので、今でも初心者向けのクラスを心がけています」

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する