連載:ヨガと私の生きる道 Vol.1 「つながりを体現する」小野田貴代先生インタビュー

Takayo Onoda

連載:ヨガと私の生きる道 Vol.1 「つながりを体現する」小野田貴代先生インタビュー

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-10-14

ヨガワークライフコンサルタント、ヨガインストラクター向けキャリアアドバイスセミナー講師として活躍する伊藤香奈氏が、注目の若手ヨガインストラクターにインタビュー。なぜヨガだったのか、どうやってヨガを伝えていきたいのか…ヨガと向き合う等身大の姿勢を取材しました。現役のインストラクターで自分らしい指導を模索している人やこれからインストラクターを目指す人必読です!

“つながる”を体現するヨガインストラクター:小野田貴代先生

「大手ホットヨガスタジオが、やっと1店舗目をオープン頃だったと思う」というほど、まだ日本でヨガが広まっていない頃にヨガを始めた小野田貴代先生。インストラクター養成講座の講師も務めるなど、指導歴も経験豊富な若手実力派ヨガインストラクターです。常に初心者に寄り添うレッスンを行う小野田貴代先生の、多岐にわたる活躍の秘訣をうかがいました。

―若くしてヨガ経験15年にもなるとのことですが、ヨガとの出会いを教えてください。

小野田先生「『汗をかきたいな』と思って、何か運動を始めたいなと思っていたんです。でも、もともと運動が得意ではなかったので、なんとなく“私でもできそう”な運動を探して、気軽な気持ちでホットヨガを始めました。ちょうど大手ホットヨガスタジオの1店舗目がオープンした頃で、まわりにヨガをやってる人もいないし、だったらみんな初心者のはずだし、私でも恥ずかしくないんじゃないか?!と思っていました(笑)。でもやっぱり1回目のレッスンでは汗がなかなか出なくて。2回目でやっと汗が出るという感覚を味わうことができました。私からしたら、何かを始めて2回目で変化を感じるのがとても大きいことだったので、それで続けようと思いました」

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する