二重あご解消!顔ヨガ「三角の舌」で首筋&あごを引き締めよう

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

二重あご解消!顔ヨガ「三角の舌」で首筋&あごを引き締めよう

ヨガでは…「魚のポーズ」

手のひらを床に向け、お尻の下に敷く。肘で胸を持ち上げて頭頂部を床につける。あごから喉、胸にかけて十分に伸ばすことで小顔効果が期待できる。

ヨガ
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…
フェイシャルヨガ講師 間々田佳子先生
顔ヨガ創立者の高津文美子さんに師事し、フェイシャルヨガの講師資格を取得。その後、のべ2万人以上に指導している。歌いながら顔ヨガを行うなど、新しい顔ヨガメソッドを開発、発表し、テレビ、雑誌、新聞などでも活躍中。詳しくは「顔ヨガ協会インターナショナル」をチェック!

ヨガインストラクター 市川未来先生 
「顔ヨガ協会インターナショナル」所属。2013年、RYT200を取得。都内、神奈川県を中心に、会員制ヨガスタジオ、企業などでヨガを指導。顔ヨガ、リラックスヨガ、骨盤調整ヨガ、パワーヨガハタヨガ、肩こり解消ヨガ等、幅広いクラスを受け持つ。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Kei Kokufuda
Text by Akane Shirae
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

小顔1
小顔2
小顔3
ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する